160
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

AWS CLIのインストールから初期設定メモ

AWSをWebの管理画面からやっと使えるようになってきました。

参考 http://blog.serverfrog.jp/setup-aws-cli/

たぶん後で別記事書くのですが、現状ではCloudFrontでSSLを対応させようと思ったときにWebから証明書情報をアップロード出来ず...(ELBなら出来るんですけど)

そんな感じでAWS CLI経由でSSL証明書アップロードをするんですけどその準備です。

CLIのインストール

Macを使う想定です。homebrewで一発ですね。

$ brew install aws-cli

これでインストールできました。

awsコマンドが使えるようになります。

$ aws
usage: aws [options] <command> <subcommand> [parameters]
aws: error: too few arguments

AWS CLIにAWSのアカウント情報を紐付ける

コマンドラインからAWSにアクセス出来るようにアクセスキーなどの設定をします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキーの確認

AWSアカウントのアクセスキーIDシークレットアクセスキーを確認します。

Your Security Credentialsのページにアクセスしましょう。

  • 1. "セキュリティ認証情報に進む" を選択します。

  • 2. "アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)" を選択します。

* 3. "新しいアクセスキーの作成" を選択します。

  • 4. "アクセスキーを表示" を選択し、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーを確認します。

ここまでの手順でアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを確認出来ました。

今回はアクセスキーIDがAKIAJTIZR5H5K4RKYGGGQ、シークレットアクセスキーが6C0a4PETdsmOdjzxpORDM27uvS40zemBtllJu5Coでした。

AWS CLIのセットアップ

インストールが完了しているはずなので、aws configureコマンドを使って設定します。

$ aws configure

AWS Access Key ID [None]: AKIAJTIZR5H5K4RKYGGGQ
AWS Secret Access Key [None]: 6C0a4PETdsmOdjzxpORDM27uvS40zemBtllJu5Co
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: text

各項目の意味合い

  • AWS Access Key ID [None]: "アクセスキーID"をコピペ
  • AWS Secret Access Key [None]: "シークレットアクセスキー"をコピペ
  • Default region name [None]: "ap-northeast-1"を入力(これがTokyoリージョンらしいので日本国内ならこれ)
  • Default output format [None]: "text","JSON","table"のどれかを指定(とりあえずtextで指定しました。)

これで設定完了です。

確認

S3を利用している場合は aws s3 lsコマンドで契約しているs3情報が確認できます。

$ aws s3 ls

2015-07-13 22:56:57 huga.hoge.jp

確認できました!

設定がうまくいっているみたいですね。

EC2を利用している場合は aws ec2 describe-instancesで確認出来ます。

$ aws ec2 describe-instances
・
・
(省略)
・
・
TAGS    aws:autoscaling:groupName   n0bisuke_0716
TAGS    Name    n0bisuke_web_autoscale

おまけメモ

アクセスキー周りの情報設定がミスってるとこんなエラーが出ます。

A client error (InvalidAccessKeyId) occurred when calling the ListBuckets operation: The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
160
Help us understand the problem. What are the problem?