Posted at

MetabaseをWindowsにインストールする

More than 1 year has passed since last update.

Metabaseって何?という向きには OSSのデータ可視化ツール「Metabase」が超使いやすいMetabaseがRedashの苦労を吹き飛ばすくらい熱い を参照いただくとして。

公式サイトからjarをダウンロードしてjava -jar metabase.jarすれば動きます。

以上!。。。というだけではあんまりなので以下もう少し詳しく説明します。


普通に動かす

Java 8は既にインストール済みであるものとします。まだの人はこちらへどうぞ。

Metabaseの実行は複数の方法が用意されていますが、Windows上で動かすにはmetabase.jarを使う方法しかありませんので、公式サイトからダウンロードします。これを例えばC:\metabaseかどこかのフォルダに配置してダブルクリックします。または、コマンドプロンプトからjava -jar metabase.jarを実行します。

これで初期化が始まりますので、しばらく待ってからブラウザで http://localhost:3000/ にアクセスすると、Metabaseにアクセスできます。

Metabaseを実行するカレントディレクトリ上に、metabase.db.mv.dbmetabase.db.trace.dbという二つのファイルが作られます。Metabase自身が使用する内部データは、ここに保存されます。

Q. metabase.jarはいわゆるFat Jarのようだが、これはライセンス的にアリなのか。

さあ?

Q. ポート番号はデフォルトの3000から変更できないのか。

A. できます。

環境変数MB_JETTY_PORTを使うとできます。詳しくはStartガイドのCustomizing the Metabase Jetty webserver (Google翻訳) を参照して下さい。

Q. H2かよ。

A. 変えられます。

Metabase自身が使用する内部データの置き場所はデフォルトでH2 Databaseですが、設定でMySQLかPostgreSQLに変更できます。詳しくはStartガイドのMigrating from using the H2 database to MySQL or Postgres (Google翻訳) を参照して下さい。


サービスとして登録する

Cygwinのcygrunsrvを使うとMetabaseをサービス化できますので、それをやってみます。

まず、以下の内容でC:\metabase\metabase.shを作成します。パスは適宜変更してください。

#!/bin/sh

/cygdrive/c/ProgramData/Oracle/Java/javapath/java.exe -jar metabase.jar

次にCygwinを「管理者として実行」し、以下のコマンドラインでサービス登録します。

$ cygrunsrv --install metabase --path /cygdrive/c/metabase/metabase.sh --chdir /cygdrive/c/metabase

サービスを起動します。

$ cygrunsrv --start metabase

以上!幸運を祈る。