Help us understand the problem. What is going on with this article?

MetabaseをWindowsにインストールする

More than 1 year has passed since last update.

Metabaseって何?という向きには OSSのデータ可視化ツール「Metabase」が超使いやすいMetabaseがRedashの苦労を吹き飛ばすくらい熱い を参照いただくとして。

公式サイトからjarをダウンロードしてjava -jar metabase.jarすれば動きます。

以上!。。。というだけではあんまりなので以下もう少し詳しく説明します。

普通に動かす

Java 8は既にインストール済みであるものとします。まだの人はこちらへどうぞ。

Metabaseの実行は複数の方法が用意されていますが、Windows上で動かすにはmetabase.jarを使う方法しかありませんので、公式サイトからダウンロードします。これを例えばC:\metabaseかどこかのフォルダに配置してダブルクリックします。または、コマンドプロンプトからjava -jar metabase.jarを実行します。

これで初期化が始まりますので、しばらく待ってからブラウザで http://localhost:3000/ にアクセスすると、Metabaseにアクセスできます。

Metabaseを実行するカレントディレクトリ上に、metabase.db.mv.dbmetabase.db.trace.dbという二つのファイルが作られます。Metabase自身が使用する内部データは、ここに保存されます。

Q. metabase.jarはいわゆるFat Jarのようだが、これはライセンス的にアリなのか。
さあ?

Q. ポート番号はデフォルトの3000から変更できないのか。
A. できます。
環境変数MB_JETTY_PORTを使うとできます。詳しくはStartガイドのCustomizing the Metabase Jetty webserver (Google翻訳) を参照して下さい。

Q. H2かよ。
A. 変えられます。
Metabase自身が使用する内部データの置き場所はデフォルトでH2 Databaseですが、設定でMySQLかPostgreSQLに変更できます。詳しくはStartガイドのMigrating from using the H2 database to MySQL or Postgres (Google翻訳) を参照して下さい。

サービスとして登録する

Cygwinのcygrunsrvを使うとMetabaseをサービス化できますので、それをやってみます。

まず、以下の内容でC:\metabase\metabase.shを作成します。パスは適宜変更してください。

#!/bin/sh
/cygdrive/c/ProgramData/Oracle/Java/javapath/java.exe -jar metabase.jar

次にCygwinを「管理者として実行」し、以下のコマンドラインでサービス登録します。

$ cygrunsrv --install metabase --path /cygdrive/c/metabase/metabase.sh --chdir /cygdrive/c/metabase

サービスを起動します。

$ cygrunsrv --start metabase

以上!幸運を祈る。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした