LoginSignup
9
1

Proxmoxのlxcを使ってNextCloudをお手軽に構築

Last updated at Posted at 2024-02-16

こんにちは。
ALJの江口と申します。
ファイルサーバーにNextCloudを利用したいという方に、参考までにProxmox上のlxcに、turnkeyを使って構築する方法をご紹介したいと思います。

以下の記事は、Proxmox Virtual Environment 8.1.4を用いて説明しています。

lxcとは

Proxmoxにはkvmによる仮想化とlxcによる仮想化の2種類が選択できます。lxcはLinux Containersの略で、ざっくり言うと、OSとカーネルを共有しているイメージで、比較的軽量な仮想環境が構築できるという利点があります。
逆に、lxcではカーネルの操作ができないので、それを必要とするアプリケーションは起動できません。
WebサーバーやDBサーバーなどの構築には適していると思います。また、今回はNextCloudを構築してみます。

turnkeyのイメージを利用

Proxmoxのlxcには、turnkeyプロジェクトのイメージがあらかじめいくつか用意されています。
turnkeyprojectとは、「キーを回すだけでエンジンが始動するくらい簡単」というもののようです。NextCloudのイメージも準備されていて、OS、NextCloud、MySQL(MariaDB?)があらかじめセットアップされた状態で提供されています。

構築

CTテンプレートのダウンロード

lxcを作成するために、CTテンプレートを準備します。CTテンプレートは、選択してダウンロードすることができます。
ストレージに、「CTテンプレート」がない場合は、環境設定でストレージにCTテンプレートを保存できるように設定してください。

スクリーンショット 2024-02-16 130512.png

CTテンプレートを選択すると、最初は空だと思います。アップロード、URLからダウンロードもできますが、今回は、「テンプレート」を選択して、事前にあるものから選びます。

スクリーンショット 2024-02-16 130848.png

テンプレートをクリックすると、ダウンロードできる候補が表示されます。その中に、turnkey-nextcloudというものがあるので、選択してダウンロードボタンを押すとダウンロードされます。

スクリーンショット 2024-02-16 131144.png

CTテンプレートを利用してlxcの起動

「VMを作成」の横に「CTを作成」というボタンがあるのでクリックします。

スクリーンショット 2024-02-16 125449.png

全般

ホスト名やrootのパスワードを設定します。

スクリーンショット 2024-02-16 131916.png

テンプレート

テンプレートを選択します。
スクリーンショット 2024-02-16 132333.png

ディスク

ディスク容量と、コンテナの保存先を指定します。
スクリーンショット 2024-02-16 132642.png

CPU

割り当てるコア数を指定します。
スクリーンショット 2024-02-16 132757.png

メモリ

割り当てるメモリ容量とスワップ容量を指定します。
スクリーンショット 2024-02-16 132857.png

ネットワーク

ネットワークの設定を指定します。
IPv4の固定IPを指定する場合は、192.168.xxx.xxx/24のようにCIDRで入力します。
スクリーンショット 2024-02-16 132958.png

DNS

DNSの情報を入力します。
スクリーンショット 2024-02-16 133053.png

確認

最後に確認して完了します。
今回はサンプルのため、メモリやストレージが小さいので、必要に応じて変更してください。
スクリーンショット 2024-02-16 133140.png

起動

あとは通常通り、インスタンスを起動すると、先ほど設定したrootでログインできる状態になります。
rootでログインすると、MariaDBのパスワード等を設定するセットアップ画面が表示されます。

起動後のセットアップ

起動すると、proxmoxのコンソールにログインプロンプトが出るので、先ほど設定したパスワードを使用してrootでログインします。

MySQL Password

MySQLのadminierアカウントのパスワードを指定します。
OKを押すと再入力が求められるので、もう一度入力します。
スクリーンショット 2024-02-16 134841.png

NextCloud Password

NextCloudのadminアカウントのパスワードを入力します。
OKを押すと再入力が求められるので、もう一度入力します。
スクリーンショット 2024-02-16 135149.png

ドメイン入力

NextCloudのドメインを入力します。
ローカルで使用する場合は、セキュリティ設定の変更が必要なので、完了後に設定変更を行うので、暫定的な名前を入力しておきます。

スクリーンショット 2024-02-16 135446.png

Turnkeyの情報入力

TurnkeyプロジェクトGithub利用やDDNSが利用できるよです。
自分はスキップしました。

スクリーンショット 2024-02-16 135636.png

Turnkeyからのセキュリティアラート通知

Turnkeyからセキュリティ通知が受けれるようですが、自分はスキップしました。
スクリーンショット 2024-02-16 135854.png

アップデートの実行

アップデートを今実行する場合は、Installを押してください。後で実行する場合はスキップしてください。

スクリーンショット 2024-02-16 140201.png

接続確認

以上で設定が終わり、起動状態になります。
スクリーンショット 2024-02-16 140452.png

URLにアクセスすると、起動は確認できますが、アクセス拒否されます。
image.png

起動後の設定

設定ファイルの変更が必要なので、コンソールからログインします。
sshもしくは、Proxmoxのコンソールからログインしてください。

「信頼できないドメインを介したアクセス」の対応

以下のconfig.phpファイルを修正し、trusted_domainsの接続情報を修正もしくは追加します。IPで接続する場合はIPを入力します。

/var/www/nextcloud/config/config.php
スクリーンショット 2024-02-16 1416371.png

ログインできるようになったか確認

再度アクセスし、ログイン画面が出ることを確認してください。

image.png

lxc+turnkeyイメージを使った立ち上げは以上です。

9
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
9
1