Xcode
iOS
Jenkins
CI

iOSアプリのCIができるサービス

More than 3 years have passed since last update.

iOSアプリのCIができるサービスを調べたので、まとめます。

なお、本記事は2014年12月時点のものであり、今後変わる可能性が多いにあります。(というか変わってほしい)


TravisCI

travis.PNG

https://travis-ci.org/

お馴染みのやつ。


メリット


  • Githubとの連携が楽。Pull requestごとにビルドができし、ビルド結果をGithub上で表示できる。

  • 任意のコマンドを実行できるので自由度が高い。

  • 使ってる人が多い。(個人の見解です)


デメリット


  • iPhoneシミュレータのみでしかテストできない

  • 若干、Xcodeへのバージョンアップへの追従が遅い。(現時点での最新版はXcode6.1.1だが、TravisCIで利用できるのはXcode6.1)。




Ship.io

shipio.PNG

https://ship.io/


メリット


  • ipaの作成や、Testflight等へのアップロードができる。

  • 実機でのテストができる。

  • beta版のせいか、基本無料で利用できる。


デメリット


  • ビルド対象のブランチが固定。

  • ビルド回数に上限値がある。(99,999回とかだけど)

  • ビルドやテストコマンドが固定でカスタマイズできない。

  • サイトが重くて、あまり試せていない。


GreenHouseCI

greenhouse.PNG

http://greenhouseci.com/


メリット


  • ipaの作成や、Testflight等へのアップロードができる。

  • UIがよくできてる。(個人の見解です)

  • 無料でも2アプリまでビルドできる。


デメリット


  • 証明書やmobileprovisioningを預けないと利用できない。

  • ビルド対象のブランチが固定。

  • ビルドやテストコマンドが固定でカスタマイズできない。

  • Swift+Quickだと異常に成功率が低く、1/5の確率でしか成功しない。


Jenkins

jenkins.PNG

http://jenkins-ci.org/


メリット


  • なんでもできる(がんばれば)


デメリット


  • 自分でホスティングしないといけない。

  • iPhoneシミュレータの起動にGUIセッションがいるので、特定ユーザでログインしっぱなしにしないといけない。


まとめ

Jenkins最高!!!