Help us understand the problem. What is going on with this article?

Angularの特徴

プログラミング勉強日記

2020年9月11日
JSには色々なフレームワークがあって、開発の用途によって使用するフレームワークが違うと思うので、まとめてみようと思う。前回はReactについてまとめたので、今回はAngularについてまとめる。

Angularとは

 Angular(読み方:アンギュラー)は、Googleが開発したJSのフレームワーク。とても人気があり、WEBアプリ開発においてはReactと並んで最も使われるフレームワーク。

特徴

コンポーネント指向である

 Reactと同様で、Angularもコンポーネント指向である。コンポーネント指向は、ソフトウェアを機能ごとに部品(コンポーネント)として分割して、必要に応じて組み合わせて使う考えのことである。
 ビュー、ロジック、コンポーネントを構成するメタ情報から構成される。
 機能を小さい部品にして持たせているので、状態の管理もしやすくて再利用も容易にできる。

MVC(MVW)設計

 MVC(MVW)はアプリを設計するときの考えの一つ。「Model(データ)」「View(画面)」「Controller(コントローラ)」の頭文字をとってMVCといい、「Controller(コントローラ)」の代わりに「Whatever(何か)」にしたものがMVWであり、MVCはこれらを組み合わせることで、1つのアプリを動作させる考え方である。

双方向データバインディング

 AngularはHTMLを拡張して、より便利な機能を提供していて、その1つが双方向データバインディングと呼ばれる機能。
 アプリでユーザ画面(View)で操作した内容をデータ(Model)の反映、データ(Model)の内容が変わったときに画面(View)に反映する必要がある。なので、Viewを操作するときはModelに反映するために、画面からHTMLの要素を取得して要素をデータとして処理、処理したデータを画面に反映するプログラムを書く必要がある。

開発言語はTypeScriptが良い

 AngularはTypeScriptをベースとして実装されているので、ドキュメントもTypeScriptが多い。標準的なJSやGoogleが開発したaltJSであるDartでも利用できるが、TypeScriptを用いるのが無難。

モダンな記述を組み合わせている

 Angularは新しいJS技術を積極的に利用している。Angularの理解を深めることで、技術についても理解できるので、Angularを学ぶことで最新のJS技術を取得できる。

参考文献

Angularの特徴とは? 開発環境を構築するには?
【初心者必見】Angularとは?いまさら聞けない基礎を学ぼう

mzmz__02
2020年5月26日から毎日投稿しています。 フロントエンドエンジニアになりたく、独学で勉強中です。
https://www.instagram.com/bb___m13
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした