Help us understand the problem. What is going on with this article?

HARK をインストールする

More than 3 years have passed since last update.

HARK とは何か

HARK とは、ロボット聴覚と呼ばれる、たくさんのマイク(マイクアレイ) を使って
* 音の方向を当てたり (音源定位)、
* 混ざった音から特定の方向の音を取り出したり (音源分離)、
* 音声を文字列に変換したり (音声認識)、
する技術を使えるソフトウェア。
URL はここ: www.hark.jp

HARK では1機能が1ノードとして表現され、LabVIEW みたいな感じでグラフィカルに
ロボット聴覚の処理 (ネットワークと呼ばれる) を実装できる。

どうやってインストールするのか

ここでは Windows / Ubuntu (apt-get) という簡単な方法

Windows

ここからインストーラを落としてインストール
http://www.hark.jp/wiki.cgi?page=Softwares#p9

Linux (Ubuntu)

  • リポジトリと公開鍵登録して update
sudo sh -c 'echo "deb http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/HARK/harkrepos precise non-free\ndeb-src http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/HARK/harkrepos precise non-free" > /etc/apt/sources.list.d/hark.list'
wget -q -O - http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/HARK/harkrepos/public.gpg | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
  • apt-get
sudo apt-get install harkfd hark-designer julius-4.2.3-hark-plugin harktool4

説明

  • harkfd: HARK の主要機能が入ったパッケージ
  • hark-designer: プログラムを作成する GUI
  • julius-4.2.3-hark-plugin: 音声認識ソフトウェア Julius の改造版
  • harktool4: HARK で使うデータを作るソフトウェア

どうやって実行するのか

  • Windows: デスクトップにできる HARK Designer というアイコンをクリック
  • Ubuntu: 端末で hark_designer を実行

HARK Designer はネットワークを作るソフトウェアで、ブラウザ上で動作する。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away