Posted at

サーバに JupyterHub をインストールして複数名で使えるようにする


やりたいこと

リモート (AWS とか Azureとか) に1台のサーバを立てて、

その中で複数名で同時に Jupyter Notebook を使えるようにしたい。

それには JupyterHub が使いやすいらしいので試す。


やったこと


1. JupyterHub のインストール

以下のページを参考にした

https://medium.com/hi-optimus/how-install-optimus-and-jupyterhub-on-digital-ocean-1f80b7d143a3

ただし、システムにインストールしたいので、npmpip3 のコマンドのところには sudo -H を付けて実行した。

これで、 /usr/local にインストールされる。

その後、サーバの 8000ポートの接続を許可し、リモートアクセスを許可するため、

/etc/jupyterhub/jupyterhub_config.py のファイルの bind_url を以下のように変更する。


c.JupyterHub.bind_url = 'http://0.0.0.0:8000'


2. ユーザの作成

ターミナルから、サーバにユーザアカウントを作っておく。

これが JupyterHub のログインIDとパスワードになる。


注意すること

これらは注意すべきだが、この記事では扱わない。


  • どこからでもアクセスできるので、アクセス制限が必要。

  • HTTP でデータは暗号化されないので、HTTPSにするとか、VPN を通すとかの対策が必要。


参考ページ

https://medium.com/hi-optimus/how-install-optimus-and-jupyterhub-on-digital-ocean-1f80b7d143a3

https://github.com/jupyterhub/jupyterhub/issues/394