Edited at

wgetでintra-martのテナントの初期設定を実施する

More than 3 years have passed since last update.


概要

intra-martの初回起動時に表示される以下の画面の設定をwgetでやる方法を記載します。

http://www.intra-mart.jp/download/product/iap/setup/iap_setup_guide/texts/tenant/index.html

CentOS7上で動作確認しております。

各アプリケーションのバージョンは以下の通りです。

application
version
説明

Resin Pro
4.0.48
intra-martが配布しているものを利用しています

Oracle JDK
1.8.0 u91

intra-mart
8.0.11(Karen)


POSTデータ

http://<HOST>:<PORT>/<CONTEXT_PATH>/system/setttings/tenant/registerが登録用のアドレスで、

そのURLに対して以下のデータをPOSTで送信すれば情報の登録ができました。

送信するデータに関しては、WARファイル作成時に選択したモジュールによって変わるのであくまで一例です。

パラメータの詳細に関しては以下を参照ください。

http://www.intra-mart.jp/download/product/iap/setup/iap_setup_guide/texts/tenant/index.html

parameter
description
今回の設定値

systemManagerCd
システム管理者のユーザコード
system

systemManagerPassword
システム管理者のパスワード
manager

systemManagerPasswordConfirm
システム管理者のパスワード(確認)
manager

systemManagerLocale
システム管理者のロケール
ja

tenantId
テナントID
default

tenantLocale
デフォルトロケール
ja

tenantTimeZone
タイムゾーン
Asia%2FTokyo

accountLicenseInfinity
アカウントライセンス数
infinity

tenantResourceRefName
リソース参照名
java%3Acomp%2Fenv%2Fjdbc%2Fdefault

im_storage_path
ストレージパス

im_base_url
ベースURL

globalnavLimitation
グローバルナビ最大表示数

tenantManagerCd
テナント管理者のユーザコード
default

tenantManagerPassword
テナント管理者のパスワード
password

tenantManagerPasswordConfirm
テナント管理者のパスワード(確認)
password

im_login_session_behavior
ログインセッション管理
ERROR


登録用のwgetコマンド

以下、コマンドです。

一回目のwget時にcookieを取得しておき、

二回目のwgetで同じcookieの情報を利用しPOSTしているという流れです。

wget \

--keep-session-cookies \
--save-cookies cookies.txt \
http://<HOST>:<PORT>/<CONTEXT_PATH>/system/login

wget \
--load-cookies cookies.txt \
--post-data 'systemManagerCd=system&systemManagerPassword=manager&systemManagerPasswordConfirm=manager&systemManagerLocale=ja&tenantId=default&tenantLocale=ja&tenantTimeZone=Asia%2FTokyo&accountLicenseInfinity=infinity&tenantResourceRefName=java%3Acomp%2Fenv%2Fjdbc%2Fdefault&im_storage_path=&im_base_url=&globalnavLimitation=&tenantManagerCd=default&tenantManagerPassword=password&tenantManagerPasswordConfirm=password&im_login_session_behavior=ERROR' \
http://<HOST>:<PORT>/<CONTEXT_PATH>/system/settings/tenant/register


最後に

registerのレスポンスとして、JSON形式でセットアップの結果が返ってくるようです。

エラーが発生した場合はこのJSONの中にエラーメッセージも含まれているので、

環境構築を自動化したいときなど便利かもしれません。