Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESLint v6.8.0

v6.7.0 | 次 (未定)

ESLint 6.8.0 がリリースされました。
小さな機能追加とバグ修正が行われています。

このリリースは ESLint 6.x 系 最後のリリースになります。
来月からしばらくの間 7.0.0 のアルファ版・ベータ版がリリースされます。この日本語版リリースノートは 7.0.0 正式リリース (日付未定。3月くらい?) までの間はお休みする予定ですのでご了承ください。

質問やバグ報告等ありましたら、お気軽にこちらまでお寄せください。

🏢 日本語 Issue 管理リポジトリ
👫 日本語サポート チャット
🏢 本家リポジトリ
👫 本家サポート チャット

🚀 本体への機能追加

.eslintrc.cjs をサポート

🔖 RFC043, #12321

設定ファイルの拡張子として、新たに .cjs がサポートされました。

type:"module"を持つ package.json の下にある .eslintrc.js が ES Module として解釈され、ESLint はそれを扱うことができないためです。

--no-error-on-unmatched-pattern CLI オプション

🔖 #12377

ESLint はリントが成功すると何も出力しません。そのままではコマンドを typo していて対象ファイルが1つも無い場合とリント成功とを区別できないため、リント対象が1つも無い場合にエラーを表示しています。

例1
> eslint lob

Oops! Something went wrong! :(

ESLint: 6.8.0.

No files matching the pattern "lob" were found.
Please check for typing mistakes in the pattern.

>

このエラーを抑制するオプションが追加されました。

例2
> eslint lob --no-error-on-unmatched-pattern
>

eslint:recommended 設定から require-atomic-updates ルールが削除された

🔖 #12599

eslint:recommended設定から require-atomic-updates ルールが削除されました。誤検出が多かったためです。

設定ファイルが $schema プロパティを許容するようになった

🔖 #12612

設定ファイル (特に .eslintrc.json) が $schema プロパティを持っていてもエラーを投げなくなりました。一部のエディタでは、$schema プロパティを適切に指定することで入力補完やエラーチェックが働くようになります。

💡 新しいルール

特になし。

🔧 オプションが追加されたルール

特になし。

✒️ eslint --fix をサポートしたルール

特になし。

⚠️ 非推奨になったルール

特になし。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away