Help us understand the problem. What is going on with this article?

Splunk7の新機能

More than 1 year has passed since last update.

 9月末にメジャーバージョンアップしたSplunk7がリリースされました。そこでSplunk7に追加された新機能を簡単にまとめます。

1.metrics(メトリクス)のネィティブサポート

Ver7以前でもメトリクス(サーバやIoT等のリソースの状態に関するデータ)のデータを扱うことは可能でしたが、Ver7からはSplunkネィティブでサポートされるようになったようです。つまり、メトリクスの取り扱いに対して最適化が行われたということです。実際、このネィティブ化された機能「Metrics Index」を使うことで従来のEvent Indexと比較して、

  • ディスク消費量が約50%減
  • スループット(イベントの処理能力)の向上
  • サーチ実行速度の向上

となるようです。リアルタイムサーチを実行しているような環境では特に恩恵を得られそうです。
なお、Metrics Indexへのアクセスは専用のコマンド「mcatalog」、「mstats」を用いて行います。他のサーチコマンドは使えないようです。

2.モニタリングコンソールに機能追加

モニタリングコンソールに「Regex CPU Profiling」が追加されました。regexによるフィールド抽出で消費したCPUリソースが確認できます。

3.サーチパフォーマンスの向上と、CPU・メモリ・IOリソース消費の削減

言葉通り、各所改善されているようです。

4.Machine Learning Toolkitの拡張

これはSplunk7とは関係していないような気もしますが、「Machine Learning Toolkit」の最新Verでは、機械学習のアルゴリズムが追加されたこと、学習済みモデルのロール管理が可能になったようです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした