Help us understand the problem. What is going on with this article?

独学ではじめてAWSのEC2にデプロイする方法①(インスタンスの作成)

AWSアカウントのリージョン設定をしよう

リージョンとは、AWSの物理的なサーバの場所を指定するものです。リージョンは世界各地に10箇所以上存在し、そのうちの一つは東京にあります。
リージョンを東京に設定していきましょう

手順

  1.  コンソールにアクセス 

  2. 画面右上にある『 国 』を『アジアパシフィック(東京)を選択』
    スクリーンショット 2020-01-10 13.48.30.png

EC2インスタンスを作成

「サーバーを生成する」といっても、AWSが全てのサーバを物理的に用意しているわけではなく、実際には「仮想マシン」と呼ばれるソフトウェアを利用しています。
この「仮想マシン」のことをAWSでは「EC2インスタンス」と呼んでいます。

手順

  1. AWSにアクセス

  2. EC2を選択する
    Image from Gyazo

  3. 画面右上にある、『New EC2 Experience』をオン
    ※アンケートは『 キャンセル 』 しましょう。
    Image from Gyazo

  4. 『実行中のインスタンス』をクリック
    スクリーンショット 2020-01-10 14.14.20.png

  5. インスタンスの画面が開かれたら、画面左上の 『インスタンスの作成』 をクリック
    スクリーンショット 2020-01-10 14.17.36.png

  6. 「 Amazon Linux2 AMI 」ではなく、「 Amazon Linux AMI 」を選択してください。
    (上から2番目にあります)
    Image from Gyazo

  7. 無料枠で利用できる「t2.micro」を選択し、画面右下の 『確認と作成』 をクリック
    スクリーンショット 2020-01-10 14.25.06.png
    ( EC2インスタンスのタイプを選択します。EC2ではさまざまなインスタンスタイプが用意されており、CPUやメモリなどのスペックを柔軟に指定することができます。)

  8. 画面右下の『起動』をクリック
    スクリーンショット 2020-01-10 14.28.11.png

  9. 『新しいキーペアの作成』を選択
    Image from Gyazo

  10. キーペア名を入力(空白NG)

  11. キーペアのダウンロード(ファイル名.pem)

スクリーンショット 2020-01-10 14.36.47.png
🚨注意:こちらはインスタンスにSSHでログインする際に必要となる「秘密鍵」です。これがないとEC2インスタンスにログインできないので、必ずダウンロードしてパソコンに保存しておきましょう。また、間違って他人に渡さないよう気をつけてください。
ダウンロードしたpemキー(ファイル名.pem)のsshフォルダに移行する

$ cd ~ 
#ターミナルをスタート地点に戻す

$ mkdir ~/.ssh  
#.sshというディレクトリを作成
# エラー『 mkdir: /Users/owner/.ssh: File exists 』と表示の場合、すでに存在します


$ mv Downloads/ファイル名.pem .ssh/
# mvコマンドで、移動させたい対象(ファイル名.pem) → .sshディレクトリに移動します。

$ cd .ssh/

$ ls
# pemファイルが存在するか確認します

12.画面右下の『インスタンスの作成』をクリック
13. 作成完了(反映に時間がかかる場合があります)
スクリーンショット 2020-01-10 14.39.41.png
14.次のインスタンスの作成がされました: 『 i- 』のインスタンスIDをクリック

スクリーンショット 2020-01-10 14.44.47.png
15. 作成したインスタンスがrunningと表示されて、稼働している
スクリーンショット 2020-01-10 14.47.05.png

完了

次は『 Elastic IPの作成と紐付け 』をしよう

ここまで、お疲れ様です。
初めてだとかなり、疲れたと思います。

先ほど作成したEC2インスタンスには、作成時にIPアドレスが自動で割り振られています。これをパブリックIPと言います。しかし、サーバーを再起動させるたびにこのパブリックIPが変わってしまうという欠点を持っています。

次回はその欠点を改善するために、『 Elastic IPの作成と紐付け 』をしていきましょう。

長くなったので、次の記事で続きを記載します
はじめてAWSでデプロイする方法②(Elastic IPの作成と紐付け)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした