Edited at

brew install yarn --without-node してもnodeがインストールされる。


 追記(2019/2/19)

@ys-0-sy さんからコメントいただきました。


yarn公式のインストレーションガイドによると,node.jsをインストールした状態で


$brew install yarn --ignore-dependencies


とすれば良いようです.


今回の状況(node.jsのバージョン管理ツールで既にnode.jsを使用できる)ですと

こちらの方法がよいかと思われます。

コメントありがとうございました!



 背景

nodebrewとyarnをHomebrewで入れる際に

yarnに付随してnodeがインストールされてnodebrewでのバージョン管理がうまくいかなくなる。

と小耳に挟んだので、これを回避するために


ターミナル

brew install yarn --without-node


を実行したがnodeもインストールされていた。


 調査

インストール中のメッセージを読み進めていくと


ターミナル

Warning: yarn: this formula has no --without-node option so it will be ignored!


「yarnに--without-nodeってoptionはないので、無視しますよ〜。」

そうですか…

ググって、下記にたどり着く

https://github.com/yarnpkg/yarn/issues/6946

どうやら最近のHomebrewのアップデートで--without-nodeは使えなくなったらしい。


 対策


ターミナル

brew install yarn

brew uninstall --ignore-dependencies node

yarnをインストールした後にnodeをアンインストールした。

--ignore-dependenciesをつけないと

yarnがnodeに依存しているので実行できませんでした。と言われます。


ターミナル

❯ brew uninstall node

Error: Refusing to uninstall /usr/local/Cellar/node/11.7.0
because it is required by yarn, which is currently installed.
You can override this and force removal with:
brew uninstall --ignore-dependencies node


 最後に

初心者&独学なので間違いなどあるかもしれません。

他にも方法がありましたら、コメントに残していただけると幸いです。


 参考