Help us understand the problem. What is going on with this article?

[SwiftUI memo] Buttonのカスタムスタイルを作成する (タップしたら縮小するアニメーションを付けてみる)

アプリを作る時にボタンをカスタマイズするのはよくあります。

SwiftUIではボタンはButtonを使います。

Button(action: { ... }) { Text("Hello") }

タップした時のインタラクション・アニメーションはデフォルトで適用されます。
これはButtonStyle protocolに準拠したオブジェクトによって行われます。

つまり、ButtonStyleオブジェクトを自分で作ることによってタップした時のアニメーションやスタイルなどをカスタマイズすることができます。

例として、タップしたら縮小するButtonStyleを作ってみます。

 struct ShrinkButtonStyle: ButtonStyle {

    func makeBody(configuration: Self.Configuration) -> some View {

      let isPressed = configuration.isPressed

      return configuration.label
        .scaleEffect(x: isPressed ? 0.9 : 1, y: isPressed ? 0.9 : 1, anchor: .center)
        .animation(.spring(response: 0.2, dampingFraction: 0.9, blendDuration: 0))            
    }
  }

作ったStyleは.buttonStyle()で設定します。

 Button(action: {}) {
   Text("Hello")
     .padding(10)
     .background(Color.gray)
     .cornerRadius(8)
 }
 .buttonStyle(ShrinkButtonStyle())

Screen Recording 2019-10-05 at 16.50.49.gif

補足

スタイルを設定するにあたって、isPressed ? 0.9 : 1 のような記述をしています。
これはアニメーションを正しく実行するためにこのような記述の方が安定する様子。

if isPressed {
  return AnyView(...)
} else {
  return AnyView(...)
}

みたいな書き方でしっかり分けることもできると思うのですが、うまくいかなくなることが多い印象を受けました。

参考

https://www.youtube.com/watch?v=slzc0-24q-I

muukii
iOSアプリ開発してます。
https://muukii.app
eure
オンラインデーティングサービス「Pairs」の運営・開発をしている企業。様々なモダンな技術を駆使してビジネスを成長させています。
https://eure.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした