チートシート
Linuxコマンド

初心者に送るLinuxチートシート

対象

Linuxにほとんど触っていないけど仕事の都合上触ることになった人。
かつ本当に初歩しか頭に入っていない人。

検索ワード

※記載コマンドは以下ワードのいずれかに該当
記号
作成
変更
表示
動作
構文

ショートカット

ctrl + C
 処理のキャンセル

ctrl + Z
 処理の中断

ctrl + L
 画面のクリア
 = clearコマンド

ctrl + W
 単語の消去

ctrl + Y
 直前に消去した単語の貼付け

コマンド

ln -s to from
 作成:シンボリックリンク

telnet IP
 動作:対象のサーバーに対話モードで接続する

cmd1 | cmd2
 記号:コマンド1の結果をコマンド2に渡して実行

cmd1 &
 記号:コマンド1をバックグランドで実行

cmd1 && cmd2
 記号:コマンド1実行、成功したらコマンド2も実行

cmd1 || cmd2
 記号:コマンド1実行、失敗したらコマンド2も実行

ps -ef
 表示:プロセスを一覧で示す

jobs
 表示:ジョブを一覧で示す
  bg jobID
    バックグラウンドで実行
  fg jobID
    フォアグラウンドで実行
  kill jobID
    ジョブを停止する

source file
 動作:対象ファイルを実行する。変数変更などの影響を受ける

bash file
 動作:対象ファイルを実行する。変数変更などの影響を受けない

export
 作成:環境変数を設定する
  export -p
   環境変数を一覧表示する
  export -n 変数名
   環境変数を消去する

wc file
 表示:テキストファイルの行数、単語数、バイト数を示す

head file
 表示:最初の10行表示

tail file
 表示:最後の10行表示

find -type d hoge
 表示:ディレクトリ検索
find -type f hoge
 ファイル検索

cmd1 > file1
 作成:cmd1の結果をfile1として出力

cmd1 >> file1
 作成:cmd1の結果をfile1に追加(なければ作る)

$1
 記号:引数の1つ目を示す

sed
 変更:文字列を置換して標準出力する
  cat hoge.txt | sed -e 's/a/A/g' | diff - hoge.txt
  cat hoge.txt | sed -e 's/a/A/g' > hoge.txt
   hoge.txtのaをAに置換。確認した後上書き

rm -r (file or dir)
 変更:対象を削除する
  rm
   ファイル削除
  rmdir
   ディレクトリ削除

cp -r from to
 作成:対象をコピーする

grep 'word' file
 表示:対象文字列を検索する
  '\.'
   . (エスケープ)
  'test[1-4]'
   test1~4
  't[eo]st'
   test または tost
  'te*st'
   eが0回以上繰り返し
  'te{1,4}st'
   eが1回以上4回以下繰り返し
  'my {test | task}'
   「my test」または「my task」   

for var in *.txt
 do
  wc $var 
 done

 構文:for文

case "$var" in
  "yes" | "YES" ) echo "はい" ;;
  [nN]o | "NO" ) echo "いいえ" ;;
  * ) echo "どちらでもない" ;;
esac

 構文:case文

while :
do
  case "$var" in
    "[A-Z]*" ) echo "大文字で始まる" ;;
    "?a*" ) echo "2文字目がa" ;;
    "[!ab]*" ) echo "1文字目がaまたはbではない" ;;
    "q" ) echo "終了"
          break ;;
  esac
done

 構文:while文

if [ $hoge -eq $fuga ]; then
  echo "同じ"
else
  echo 異なる"
fi

 構文:if文
  hoge -gt huga >
  hoge -lt huga <
  hoge -ge huga >>
  hoge -le huga <<