VR童貞からVR素人童貞へのススメ_Untiy編

  • 2
    Like
  • 0
    Comment

この記事はさいたまげーむすAdvent Calendar 2016の13日目です。

唐突ですが、今年は、VR元年ですね!

僕も、今年は、VRの私用で開発をする機会が割とあったので、ほんとにVRやったことない初心者向けの方への記事を書きます。

ちなみにUnity5.4系からの話を書きます。

目次

  • Oculus Rift CV1
  • HTC Vive
  • Google CardBoardなど、スマホデバイス

Oculus Rift

UnityでVRをやるのに一番楽なのは、Oculus Rift CV1 でございます。
DK2の動作方法は、面倒なのと、需要がこれからなくなると思うので書きません。

Unity以外の設定

Oculus Rift CV1を買うPCにケーブルをぶっさす。
対象PC:GeForce GTX 1000番台を搭載したPC、参考

Unityの設定

メニュービューから、「File→BuildSettings→PC,Mac&Linux Standalone→Player Settings」

gazou1.PNG

2016-12-10 (4).png

Vitual Realty Supportのチェックのボタンを入れる

gazou4.png

再生するだけ

HTC Vive

Unity以外の設定

スチームのアプリをDL
SteamVRを起動

Unityの設定

Oculus CV1 と Vitual Realty Supportのチェックのボタンを入れるまでは同じ、「Vitual Realty SDKs」に「OpenVR」を追加

gazou6.PNG

OpenVRを一番上にあげる

gazou7.PNG

Google CardBoardなど、スマホデバイス

Unity以外の設定

DayDreamは、わからないので、書きません。

デバイス

対象スマホ:ジャイロセンサーが入っているスマホ、参考

環境

Unityで作成したゲームをAndroidアプリ向けにビルドする方法【初心者向け】
Androidのビルド環境を整える。
* JDKのインストール
* Android SDK(面倒なので、AndroidStudio入れる方がいい。)

Unityの設定

Androidのビルド環境

Unityでのビルドツールを入れておく

Unityで「File→Build Setting→Android」を選択して、Androidのbuild環境を入れておく。

JDKとSDKのパスを通す

Unityのメニュービュー「Edit→Prefrences→ExternalTools→Android」でSDKとJDKのパスを通す。(パスの例、SDK:「C:/Users/【ユーザー名】/AppData/Local/Android/sdk」、「C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_66\」)

ビルドの詳細設定

メニュービューから、「File→BuildSettings→Android」を表示
IdentificationBuild Identifier で「com.Company.ProductName」のデフォルトの設定を書き換える(「com.」から先を書き換えたら大丈夫)
Minimum API Level の設定を最低に落としておくと通りやすい(Android2.3.1 API Level 9)

で準備完了です。

あとは、ビルドするのみ~

ということで、手軽でリーズナブルなVRライフを~