Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS認定 デベロッパー アソシエイト(DVA-C01)の合格記録

2019/11/22に試験に合格しました。

AWS認定 ソリューションアーキテクト プロフェッショナル(SAP-C01)の合格記録

AWS認定 SysOps アドミニストレーター アソシエイト(SOA)の合格記録
に続けて、今年3つ目の試験です。
こちらも、SAAに合格できたらあまり学習しなくても合格できるという話を聞きますが、人によりますので、注意してください。

今回の学習内容

1. 試験ガイドの確認

https://aws.amazon.com/jp/certification/certification-prep/
「開発者 – アソシエイト」の欄にある、「AWSホワイトペーパーおよびよくある質問」の、
ホワイトペーパーやよくある質問、対象サービスのBlackbeltを全て読みます。
読んでも全然頭に入らないので、1,2回ざっと読んで終了。
問題集へ・・・。

2.WHIZLABSで学習

https://www.whizlabs.com/aws-developer-associate/practice-tests/
デベロッパー試験の向けには黒本がないので、WHIZLABSのみで学習しました。
Udemyと迷ったのですが、問題の数が多いこちらにしました。
買ってから気付いたのですが、問題数が多い(700問以上)のは、旧試験の問題も含まれている為で、
新試験用は、65×5回分で、Udemyと大きな違いがありませんでした・・。

前回と同様、複数回繰り返して9割以上正解できるようになりました。

試験振り返り

832/1000で合格しました。
今回は、「これ〇〇ゼミでやったやつだ」的に、自信を持って答えられる問題が3割、残りは消去法と、勘で解きました・・。
結果として、今まで一番良い点数が取れたのですが、前回までの試験よりも自信を持って答えられる問題が少なく不合格かもしれないと一瞬思いました。
問題集による学習で、全問暗記したとしても、試験範囲を全てカバーできたわけではないので、
最低限、試験対象となるサービスのblackbeltやホワイトペーパーに目を通し、Lambdaにサーバーレス の実装は体験しておいた方がよかったと思いました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした