Help us understand the problem. What is going on with this article?

「1億人のSNSマーケティング」 #1億SNS 要約メモ

SNS時代のマーケティング手法

かつて私たちが情報を得る時は、TVやラジオ、本といった1対nの構造でした。
それが、SNSが誕生し情報化社会となったことで誰もがパーソナルメディアとなり、n対nという構造が生まれています。
そんなSNS社会において、企業や個人がSNSを活用してマーケティングの諸活動を行うことは避けられません。

「1億人のSNSマーケティング」は、
SNSマーケティングってなに?成果を上げるには?シェアされる秘密って?と思う人に向けて分かりやすく説明している本です。

1ページに簡単にまとめてみた。

S__1703938.jpg

本の内容を簡単にまとめてみました。
この本は、イラストをまじえて分かりやすく整理して書かれているのと、具体的な手法のお話も多いので概念的な話をピックアップして書きました。
要するに、SNSマーケティングは、SNSの中の人としてただ運用したり、広告を出すだけでなくその商材となる製品やサービスについて、「シェアされるのか」「話題になるのか」を意識する必要があるということが重要です。
そのために考えるべき視点を整理してくれているので分かりやすかったです。
1ページにメモしているのは以下の内容です。
・SNSマーケをしようと思った時に本当に活用できるか?どう活用するか?を考える3つの考え方
・シェアされるには?どういう点を意識する?という視点
・SNSマーケティングを行ったあと、どうやって分析するか?という視点、方法

(補足)SNSマーケティングを活用する際に使える3つの考え方

①消費顔分析
考える際の視点は「自社の事業はどのようにSNSを活用できそうか」ということです。
「会話に上がるかどうか」「他者は絡むか?」の観点で想像してみます。
社会的な振る舞いと顧客の表情を思い浮かべながらシミュレーションをしてみる分析方法です。
そうすることで、自社のビジネスやサービスがSNSマーケティングでうまく活用できるかどうかを考えることができます。
もし、今の時点で「真顔消費」な商材であれば、商品自体に話題化できる要素を組み込んだり、面白いコミュニケーションを仕掛け「ネタ消費」としてみるアイデアに繋げるヒントにもなります。

②トリプルメディア
どこならユーザーと接点を持てるのか、どこなら理想のメッセージが伝達されやすいかなどメディア特性別に分類し、そこにおけるSNSの役割を整理します。

*オウンドメディア...企業や組織が所有する自社メディア。
*ペイドメディア...広告費を支払って掲載してもらう媒体
*アーンドメディア...消費者の口コミ等の情報発信によって評判を積み重ねられるメディア

③PESSO
実際のSNS活用余地をより具体的に整理するための考え方。
商材を取り巻くユーザー行動と予算感によってもどの活用がやりやすいかが変わるため、
最適なメディア活動のアプローチを模索します。

机の上に常に置いておきたい

SNSチャネル別の活用方法や、分析方法など具体的な説明について、
写真やイラストを用いて分かりやすく説明されています。
こういう方法もあるのか。と目を通して置くことで、この商材、サービスはこの方法を使っているんだな..と気づきやすくなるなぁと勉強になりました。
実際にSNSマーケティングを実践する際にも参考になる、教科書的な内容だと思います。
良書でした!

本のリンク

https://www.amazon.co.jp/dp/B08561L3CD/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_sWPHEb5CV9TTB

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away