Go
Windows
VisualStudioCode

はじめての Go言語、Windows環境 Visual Studio Codeで編集とdebugger使う方法を試してみる その2

More than 1 year has passed since last update.

Go言語、規約に厳しい…

例えばですが、import で fmt するもプログラム内で fmtメソッドを使用していない場合、Go言語だと imported and not used: と怒られます(回避方法あり)。厳しいなと。
そこで Visual Studio Code を使って快適プログラミング環境を作ってみたいと思います。

Windows環境で開発環境を作成 (2017/08/24時点)

Go, Git, Vsual Studio Code のインストール説明は省きます。

Go の GOROOT, GOPATH でハマル

後々、ハマルのがこの GOROOT, GOPATH です。システム環境変数でもユーザー環境変数でもどちら好きな方に設定しましょ。※私は、ユーザー環境変数に設定しました

環境変数 備考
GOROOT C:\Go Goデフォルトインストールパス
GOPATH %USERPROFILE%\goroot go getなどインストール先また、アプリパス
PATH ;%GOROOT%\bin;%GOPATH%\bin 追加する

Visual Studio Code の設定

Go拡張機能を入れるのとdebuggerまでの設定です。拡張機能の入れ方は割愛します。

Go拡張機能を入れる

入れるだけですw

image.png

自動補完できるか確認

おお

image.png

import 、、これが

書き忘れたりメソッドを使用しない場合、自動的に補完してくれます。これ便利ですね。
IDEやっぱり便利だなと思う時ですね。

Delve(debugger) をインストール

debuggerで実行ボタンを押下して下記のエラーが表示される場合は、%GOPATH%/bindlv.exe無いときです

image.png

なので必要なgoパッケージをインストールします。

command
go get -u -v github.com/derekparker/delve/cmd/dlv

あと必要と思われる便利なものもインストールします。

image.png

command
go get -v github.com/nsf/gocode

他に
go get -u -v github.com/zmb3/gogetdoc
go get -u -v github.com/golang/lint/golint
go get -u -v sourcegraph.com/sqs/goreturns
go get -u -v golang.org/x/tools/cmd/gorename
go get -u -v github.com/tpng/gopkgs

できたー

結構楽に設定でき、debugger も簡単に使えるやん。

image.png

感想

プログラムコードを修正し保存ボタンを押下すると画面がチラチラします。何かの設定がいるのかな?

クロスコンパイル

Javaより簡単にできる。

set GOOS=linux
set GOARCH=386
go build -o test_linux_386 test.go

set GOOS=windows
set GOARCH=amd64
go build -o test_win_64.exe test.go

すごいね。

参考にさせて頂いたサイト様