Mac
CentOS
AWS
vagrant
Ansible

MAC環境にAnsible導入後、AWSサービス構築までの道〜②awsモジュール実行までの設定〜

第2回目としてMacのvagrant上でAnsibleのaws moduleを使用とした際に発生したエラーをメモとして残す。
timezoneの設定したのですが、時刻がずれる問題が発生したため追加対応を実施(6/27追記)

やったこと

cloudfront_distributionを使用して、新規distributionを構築する
ただ正常に動作するまでにいくつかエラーが発生したため、解消させる

timezone設定

■事象
cloudfront_distributionを実行した際に、「Signature expired」エラーがは発生していた。
実行環境の時刻が遅れていると発生するエラー

■解決策
timezoneをJSTにする。

$ sudo timedatectl
      Local time: Fri 2018-06-22 03:17:04 UTC ← 「UTC」になっている
  Universal time: Fri 2018-06-22 03:17:04 UTC
        RTC time: Wed 2018-06-20 23:58:35
       Time zone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo ← 「Asia/Tokyo」を指定

$ sudo timedatectl
      Local time: Fri 2018-06-22 12:17:33 JST ← 「JST」に変更されていること
  Universal time: Fri 2018-06-22 03:17:33 UTC
        RTC time: Wed 2018-06-20 23:59:03
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

(6/27追記)
$ localectl
System Locale: LANG=en_US.UTF-8
VC Keymap: us
X11 Layout: us

ロケールを日本語に設定
$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

$ localectl
System Locale: LANG=ja_JP.utf8
VC Keymap: us
X11 Layout: us

CentOSの時間を同期するという件で検索すると、ntpの記事が多く見つかりますが、BOSSに相談したところtimezoneを修正した方がよいということでしたので、こちらを採用しました。

boto&pipインストール

■事象
cloudfront_distributionを実行した際に、「Python modules」をインストールしてとメッセージが出た。

fatal: [localhost]: FAILED! => {"changed": false, "msg": "Python modules \"botocore\" or \"boto3\" are missing, please install both"}

■解決策
「boto」「boto3」をインストールする。

$ sudo pip install boto boto3
-bash: pip: command not found
$ which pip
/usr/bin/which: no pip in (/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/home/vagrant/.local/bin:/home/vagrant/bin)

pipコマンドがない。。。
インストールする。

$ sudo yum install python-pip

再度「boto」「boto3」をインストールする。

$ sudo pip install boto boto3

pipをupgradeしろとメッセージが出るが、問題なくインストールされている模様

You are using pip version 8.1.2, however version 10.0.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.

終了

これでようやくcloudfront_distributionを実行してもエラーが出なくなりました!
次回は実際にcloudfront_distributionを流した際のメモを書いていきます!