Help us understand the problem. What is going on with this article?

Nuxt.jsのプロジェクトにstylelintを導入する方法

Nuxt.jsのプロジェクトに、stylelintを導入する方法を紹介します。

create-nuxt-appを使用する場合

プロジェクトの作成にcreate-nuxt-appを使用する場合、リントツールのオプションでStyleLintを選択するだけで導入することができます。

create-nuxt-appを使用しない場合

Nuxt.jsのスターターテンプレートや、スクラッチからプロジェクトを作っている場合は、自分でstylelintのモジュールを追加する必要があります。

パッケージをインストール

stylelint@nuxtjs/stylelint-moduleをインストールします。

$ npm i -D stylelint @nuxtjs/stylelint-module

また、stylelintは初期状態では何もルールがないので、stylelint-config-standardというルールセットもインストールします(他のルールセットでも構いません)。

$ npm i -D stylelint-config-standard

設定ファイルを作成

.stylelintrc.jsonファイルを作成します。

.stylelintrc.json
{
  "extends": "stylelint-config-standard"
}

自分でルールを定義することもできますが、ここではstylelint-config-standardのルールを継承しています。

プロジェクトにモジュールを追加

nuxt.config.jsファイルのbuildModules(Nuxt.jsのバージョンが2.9.0未満の場合はmodules)に、@nuxtjs/stylelint-moduleを追加します。

例:

nuxt.config.js
export default {
  buildModules: [
    '@nuxtjs/stylelint-module'
  ]
}

Sass(SCSS記法)を使う場合

Sass(SCSS記法)を使う場合は、追加の設定が必要になります。

パッケージをインストール

stylelint-scssをインストールします。

$ npm i -D stylelint-scss

設定ファイルを更新

.stylelintrc.jsonファイルのpluginsに、stylelint-scssを追加します。

.stylelintrc.json
{
  "extends": "stylelint-config-standard",
  "plugins": [
    "stylelint-scss"
  ]
}

参考リンク

munieru_jp
江戸川区在住のアプリケーションエンジニア
https://munieru.jp/
cloud-partner
「クラウドの活用でビジネスを加速させていく」をテーマにAWSの活用を提案するチーム
https://cloud-partner.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした