Help us understand the problem. What is going on with this article?

Chromeのユーザー機能によってAWSマネジメントコンソールで複数のアカウントを使い分ける方法

運用するサービスやデプロイする環境ごとにAWSアカウントを分けるのは、よくある手法かと思います。
そこで問題となるのが、AWSマネジメントコンソールで同時に複数のアカウントにログインできないことです。
この制約を回避すべく、ブラウザのシークレットモードを使ったり、別のブラウザを起動したりしている人も多いのではないでしょうか。
その問題、Chromeなら解決できます。

ユーザー管理機能を使う

Chromeには、ユーザー管理機能が存在します。
ほとんどの人はGoogleアカウントと紐づけているかと思いますが、同じデバイス上で複数のユーザーを作成して使い分けることも可能です。

Chromeのユーザーを作成

Chromeのウインドウ上部にあるユーザーのアイコンをクリックすると、次のようなメニューが表示されます。

https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/132608/02a2a96b-e284-63c2-68e0-768fc83f73c0.png

「ユーザーを管理」をクリックすると、ユーザー管理画面が開きます。

https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/132608/7bc667f1-48bf-6405-02a1-c6b27b0fe63c.png

さらに「ユーザーを追加」ボタンをクリックすると、ユーザー追加画面が開きます。

https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/132608/6ef52659-5914-8c27-b951-ea4b36b073a8.png

ここでは、作成するユーザーの名前とアイコンを設定します。
名前には、AWSアカウントのアカウント名を入れるといいでしょう。
アイコンはデフォルトで用意されたものの中から選ぶ必要がありますが、どうしても独自の画像を使いたい場合は設定ファイルを直接書き換える方法もあるようです。1

ユーザーの設定を変更

ユーザーを作成すると、そのユーザーとして新しいウインドウが開きます。

https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/132608/b43c10f5-40e7-dc41-f23f-50e649ba8045.png

そのまま使い始めてもいいのですが、せっかくなので起動時にログイン画面を開くようにしておきましょう。
AWSマネジメントコンソールのログイン画面のURLは、次のような形式になっています(実際にアクセスするとアカウント名が入力された状態のログイン画面にリダイレクトされます)。

https://<アカウント名>.signin.aws.amazon.com/console

SSO環境を構築している場合は、よしなに置き換えてください。

参考リンク

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした