ツイートボタンがないページでもツイート画面を開くブックマークレット

  • 8
    Like
  • 0
    Comment

最近は、どこのウェブサイトでもページを共有するためのソーシャルボタンが並んでいる光景を目にします。
しかしながら、いまだにツイートボタンすらなかったり、あったとしても広告の中に紛れているページが存在するのも事実。
そこで、ページを共有するためのツイート画面を開くブックマークレットをつくりました。
ブックマークレットの使用方法については、使用している端末やブラウザによって異なるので、各自でググってください。
各ブックマークレットのツイート内容は、タイトル URLです。

ツイートダイアログを開く

ブックマークレット
javascript:(function(){var w=550,h=420;window.open("https://twitter.com/intent/tweet?status="+encodeURIComponent(document.title)+" "+encodeURIComponent(location.href),"_blank","width="+w+",height="+h+",left="+(window.innerWidth-w)/2+",top="+(window.innerHeight-h)/2+",scrollbars=yes,resizable=yes,toolbar=no,location=yes")})()

ブックマークレットを実行すると、ツイートダイアログを開きます。
ツイートボタンとほぼ同じ動作です。

新規タブでツイート画面を開く

ブックマークレット
javascript:window.open("https://twitter.com/intent/tweet?status="+encodeURIComponent(document.title)+" "+encodeURIComponent(location.href))

ブックマークレットを実行すると、新規タブでツイート画面を開きます。

Twitterアプリのツイート画面を開く

ブックマークレット
javascript:location.href="twitter://post?message="+encodeURIComponent(document.title)+" "+encodeURIComponent(location.href)

スマートフォン(iPhone、Android)でブックマークレットを実行すると、Twitterアプリのツイート画面を開きます。
URLスキームという仕組みで、通常はhttphttpsなどのプロトコルを指定するスキーム部に、twitterのようなアプリ固有のスキームを指定することで、そのアプリを開くことができます。
TwitterのURLスキームには複数のオプションがあり、今回はツイート画面を開くpostを使用しています。

参考リンク