Posted at

sarコマンドの使い方


概要

サーバの応答が遅くなるなど計算機のパフォーマンスに問題が生じたとき、原因としてCPU・メモリ・IO・ネットワークなど色々な原因が考えられます。原因を特定するために、それぞれのリソースの状況を見ていき、例えば「CPU使用率が100%近い値になっていないか」「メモリが足りなくなってスワッピングが頻繁に起きていないか」など考えられるものを検証していく必要があります。

計算機の状況を知るためのコマンドにはvmstatiostattoppsなどいろいろあると思いますが、その中でもsarは様々なリソースについて過去に遡って見ることができるため、大まかな原因特定に非常に役立つので、使い方についてまとめておきます。


sarコマンドの基本的な使い方


オプション/引数

sarを使えば、CPU・メモリなど計算機のパフォーマンスに関わる様々なリソースの情報を得ることができます。引数やオプションの基本的な構造は以下の通り。

sar [...options] <interval> <count> -f <saXX file>

ここで、[...options]には、「どのCPUリソースについて見たいか」を指定します。例えば、-rというオプションならばメモリの情報を、-uならばCPUの情報を見ることができるという感じです。一方で、そのあとの<interval><count>などの引数は、あるリソースについて、「いつの情報をどのような間隔」で見るのかを指定します。

この記事では、どういうオプションを指定した時にどのような情報が得られるのかを主にまとめますが、その前に「いつの情報を見るか」を指定する引数について簡単に見ておきます。以下の例では、一貫して-rオプションでメモリの情報を見ることにします。


引数なし

オプション以外の引数を指定せず(例えばsar -r)とコマンドを打つと、システムが自動で一定間隔で取ってくれているその日のリソースの情報が出力されます。間隔は自分で指定することもできますが、デフォルトでは10分になっていることが多いと思います。

$ sar -r

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

12:00:01 AM kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
12:10:01 AM 416372 599052 59.00 24524 434468 276164 8.87 371660 157708 0
12:20:02 AM 416544 598880 58.98 24568 434480 276164 8.87 371644 157756 0
12:30:01 AM 414176 601248 59.21 24668 434540 303108 9.74 373848 157596 0
12:40:01 AM 416288 599136 59.00 24716 434536 275948 8.87 371800 157632 0
12:50:01 AM 415956 599468 59.04 24780 434540 275948 8.87 371860 157688 0
01:00:01 AM 415772 599652 59.05 24984 434624 276052 8.87 373380 156556 4
01:10:01 AM 415680 599744 59.06 25052 434628 276052 8.87 373416 156600 0
...


saXXファイルの指定

引数なしだと当日の情報しか見れないが、過去に遡って昨日以前の情報を見たいときがあります。実は、システムがsarコマンドで自動で取得された情報は、一定期間はファイルとして特定のディレクトリに保存されています。例えば、CentOS7だと/var/log/sa以下にありました。

$ ls /var/log/sa

sa01 sa12 sa15 sa18 sa21 sa24 sa27 sa30 sar13 sar16 sar19 sar22 sar25 sar28
sa10 sa13 sa16 sa19 sa22 sa25 sa28 sar11 sar14 sar17 sar20 sar23 sar26 sar29
sa11 sa14 sa17 sa20 sa23 sa26 sa29 sar12 sar15 sar18 sar21 sar24 sar27 sar30

sarの後の数字が日付を表していて、例えば直近の26日の情報はsa26ファイルに保存されています。このファイルの名前を-fオプションの後に指定してあげると、その日のsarの結果を見ることができます。

$ sar -r -f /var/log/sa/sa26

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 09/26/2018 _x86_64_ (2 CPU)

12:00:01 AM kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
12:10:01 AM 359760 655664 64.57 91228 407732 336816 10.82 385472 190128 4
12:20:02 AM 359512 655912 64.59 91256 407740 336816 10.82 385492 190144 0
12:30:01 AM 359800 655624 64.57 91280 407752 336816 10.82 385484 190132 0
12:40:01 AM 359736 655688 64.57 91320 407768 336816 10.82 385516 190152 32
12:50:01 AM 359076 656348 64.64 91568 408048 336816 10.82 385916 190292 0
01:00:01 AM 359360 656064 64.61 91580 408040 336816 10.82 385988 190288 0
01:10:01 AM 359132 656292 64.63 91604 408064 336816 10.82 386040 190284 0
...


interval/countの指定

ここまでで、過去に遡って計算機のリソース情報が見れることがわかりました。しかし、リアルタイムでもっと細かく計算機の状況が見たいことがあるでしょう。そのときは、情報を取得する間隔(interval)と回数(count)を指定します。例えば、以下は1秒おきに3回情報を取得する例です。

$ sar -r 1 3

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

11:07:45 PM kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
11:07:46 PM 351688 663736 65.37 50352 456532 287176 9.23 394068 182800 0
11:07:47 PM 351688 663736 65.37 50352 456532 287176 9.23 394108 182800 0
11:07:48 PM 351704 663720 65.36 50352 456532 287176 9.23 394120 182800 0
Average: 351693 663731 65.36 50352 456532 287176 9.23 394099 182800 0

countを引数として与えない場合は指定したintervalで永遠に情報を取得し続けることになります。

$ sar -r 2

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

11:10:56 PM kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
11:10:58 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394124 182816 0
11:11:00 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394124 182816 0
11:11:02 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394128 182816 0
11:11:04 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394128 182816 0
11:11:06 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394128 182816 0
11:11:08 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394128 182816 0
11:11:10 PM 351584 663840 65.38 50368 456536 287232 9.23 394128 182816 0
...


見るリソースを指定するオプション

ここまでで、sarコマンドを使って「いつの」情報を見るかの指定方法についてはだいたいわかったので、次に「どの」情報を見るかの指定方法を見ていきます。最初に述べたように、どのリソースの情報を見るかはオプションで指定します。オプションは大量にある(manで見てくれ)のですが、その中でも利用頻度が高そうなオプションについて示します。また、各オプションに対して出力される情報の中でも特に有用と思われるものについてのみ内容を示しています。


CPU


CPU使用率(sar -P ALL

$ sar -P ALL 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:17:35 AM CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
01:17:36 AM all 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
01:17:36 AM 0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
01:17:36 AM 1 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00

01:17:36 AM CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
01:17:37 AM all 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
01:17:37 AM 0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
01:17:37 AM 1 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
...



  • %user:CPUがユーザモードにあった時間の割合


  • %system:CPUがカーネルモードにあった時間の割合


  • %iowait:CPUがIO待ちをしていた時間の割合


  • %idle:CPUがアイドル状態にあった時間の割合

マルチコアの場合、上記の結果ようにCPUごとの使用率が見られます。当然ですが、全てのカラムの値を足すと100%になります。%idleの値が小さいとCPUの使用率が高いということになので、CPUがパフォーマンスのボトルネックになっている可能性があります。


ランキュー/load average(sar -q

$ sar -q 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:17:09 AM runq-sz plist-sz ldavg-1 ldavg-5 ldavg-15 blocked
01:17:10 AM 1 102 0.00 0.01 0.03 0
01:17:11 AM 1 102 0.00 0.01 0.03 0
...



  • runq-sz:ランキューにあるタスク数


  • ldavg-<n>:最近n分間のロードアベレージ

ランキューにあるタスク数は、「CPUが現在同時に実行しているタスク数」を表しています。一般に、ランキューにあるタスク数がCPUの数を超えると、CPUの数が足りておらずパフォーマンスが落ちている可能性があると言われています。ランキューのタスク数は計算機のパフォーマンスがおかしい時に必ず見るべき重要な指標です。ロードアベレージはランキューのタスク数の時間平均で、こちらも同様に重要です。過去1分間、5分間、15分間の値が表示されているので、大まかに、負荷が上がってきているのか落ち着いてきているのか把握することができます。

ランキュー/ロードアベレージについてのもっとちゃんとした説明は世の中にたくさんあると思いますが、自分はサーバ/インフラを支える技術の4.1節が非常にわかりやすかったのでおすすめです。


メモリ


メモリ使用率(sar -r

$ sar -r 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:16:48 AM kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
01:16:49 AM 416672 598752 58.97 25092 434648 274480 8.82 373028 156644 0
01:16:50 AM 416672 598752 58.97 25092 434648 274480 8.82 373028 156644 0
...



  • kbmemfree:空きメモリのkB数


  • kbmemused:使用中メモリのkB数


  • %memused:メモリ使用率


  • kbbuffers:バッファとして使われているメモリのkB数


  • kbcached:ページキャッシュとして使われているメモリのkB数

メモリが足りなくなると、メモリの一部をストレージに退避させるスワッピングが発生しパフォーマンスが大きく劣化することがあるので注意。ただし、kbbufferskbcachedはカーネルがいつでも開放することができるキャッシュなので、たとえメモリ使用率が高かったとしても、この2つの値が大きい場合には問題にはなりません。ページキャッシュやスワップについてのわかりやすい記事として、例えば いまさら聞けないLinuxとメモリの基礎&vmstatの詳しい使い方 を読むと良いでしょう。


スワッピング(sar -Ssar -W

$ sar -S 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:16:32 AM kbswpfree kbswpused %swpused kbswpcad %swpcad
01:16:33 AM 2097148 0 0.00 0 0.00
01:16:34 AM 2097148 0 0.00 0 0.00
...



  • kbswpfree:空いているスワップ領域のkB数


  • kbswpused:使用中のスワップ領域のkB数


  • %swpused:スワップ領域の使用率

kbswapusedが0よりも大きい値ならばスワッピングが発生していることになります。

$ sar -W 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:16:14 AM pswpin/s pswpout/s
01:16:15 AM 0.00 0.00
01:16:16 AM 0.00 0.00
...



  • pswpin/s:1秒間あたりのスワップインされたページ数


  • pswpout/s:1秒間あたりのスワップアウトされたページ数

特に、スワップアウトが連続で起きている場合はパフォーマンスに影響を与えている可能性が高いです。


ディスクIO


読み込み/書き込み量(sar -d -p

$ sar -d -p 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:15:54 AM DEV tps rd_sec/s wr_sec/s avgrq-sz avgqu-sz await svctm %util
01:15:55 AM vda 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
01:15:55 AM sr1 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

01:15:55 AM DEV tps rd_sec/s wr_sec/s avgrq-sz avgqu-sz await svctm %util
01:15:56 AM vda 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
01:15:56 AM sr1 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
...



  • tps:1秒間あたりのI/O転送回数


  • td_sec/s:1秒間あたりに読み込みを行ったセクター数


  • wr_sec/s:1秒間あたりに書き込みを行ったセクター数


  • await:I/O応答時間の平均


  • %util:ディスクの使用率(I/O処理をしていてビジーだった時間の割合)

%utilの値が大きい場合はIOがボトルネックになっている可能性があります。また、awaitはアプリケーションのパフォーマンスに直接的に影響する値なので重要です。


ネットワーク


受信/送信パケット数(sar -n DEV

$ sar -n DEV 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:15:29 AM IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s
01:15:30 AM eth0 19.00 0.00 2.27 0.00 0.00 0.00 0.00
01:15:30 AM lo 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

01:15:30 AM IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s
01:15:31 AM eth0 23.00 1.00 2.39 0.18 0.00 0.00 0.00
01:15:31 AM lo 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
...



  • rxpck/s:1秒間あたりの受信パケット数


  • txpck/s:1秒間あたりの送信パケット数


  • rxkB/s:1秒間あたりの受信kB数


  • txkB/s:1秒間あたりの送信kB数


TCP接続数(sar -n TCP

$ sar -n TCP 1

Linux 3.10.0-862.2.3.el7.x86_64 (118-27-1-88) 10/01/2018 _x86_64_ (2 CPU)

01:14:59 AM active/s passive/s iseg/s oseg/s
01:15:00 AM 0.00 0.00 2.00 0.00
01:15:01 AM 0.00 0.00 1.00 1.00
...



  • active/s:1秒間あたりのアクティブなTCP新規接続数


  • passive/s:1秒間あたりのパッシブなTCP新規接続数


  • iseg/s:1秒間あたりの受信セグメント数


  • oseg/s:1秒間あたりの送信セグメント数


まとめ



  • sarを使うと、オプションを指定することによってCPUやメモリ、IOやネットワークなど計算機のパフォーマンスに関わる様々なリソースの情報を見ることができる。

  • 自動で定期的にsarの情報が取得されているので、過去に遡って計算機の状況を確認することができる。一方で、リアルタイムで自由に間隔を指定して情報を取得することもできる