LoginSignup
4
5

VMware HCX のサービスメッシュ作成時に特定のサービスのみ有効化する

Last updated at Posted at 2021-09-28

はじめに

VMware HCXは、オンプレミスやクラウドに関わらずVMware環境の間でワークロードの移行を最適化するモビリティプラットフォームです。
HCXのサービスメッシュ作成時に特定のサービスのみActivateしたいというリクエストがありましたので検証した結果を共有します。

目次

  1. HCXを構成するコンポーネント
  2. サービスメッシュ
  3. サービスメッシュの作成
  4. 参考文献

HCXを構成するコンポーネント

HCXを構成するコンポーネントですが大きく分けて4つあり、これら4つの仮想アプライアンスをオンプレミスとクラウド側両方にインストールする形となります。今回は説明を割愛しますがOS Assisted Migrationを行う場合は別途他のコンポーネントも導入します。

以下の図の1つ目のHCX ManagerがVMCおよびオンプレミスぞれぞれでHCXを管理する仮想アプライアンスとなります。HCX ManagerがそれぞれのサイトのvCenterと連携し、またサイト間でのParingを行うHCXの中心となるコンポーネントとなります。オンプレミス側のHCXマネージャーはOVAによるインストールを行います。それ以外のコンポーネントはHCX Manager(GUI)からインストールいたします。
2つ目のHCX WAN Interconnectはターゲットサイトへのレプリケーションおよび移行機能を提供します。
3つ目のHCX Network ExtensionがL2延伸を司る仮想アプライアンスとなります。
4つ目のHCX WAN Optimaizationは2つ目のWAN Interconnectと連携して、移行データのデータ圧縮、重複排除を行います。
image.png

サービスメッシュ

サービスメッシュは、HCXによって管理される2つのサイト間で安全に最適化されたトランスポートファブリックを作成するために使用されます。
サービスメッシュを追加すると、両方のサイトでHCX相互接続仮想アプライアンスがデプロイされます。
image.png
図: サービスメッシュのイメージ図(VMware HCX User Guideより抜粋)

サービスメッシュの作成

今回HCXをL2延伸目的にのみ利用したい、リソース節約の為にInnterconnectなど利用しない仮想アプライアンスは導入したくないというリクエストがあり、導入の検証を行いました。

Site Pairingを実施後、サービスメッシュの作成を行います。
Site Pairing、サービスメッシュの作成ともHCXの管理画面から行います。HCXを導入するとvCenterにHCXプラグインが導入されますので、vCenterからシームレスにアクセスが出来ます。

HCXの管理画面から[Interconnect] -> [Service Mesh]の画面で"CREATE SERVICE MESH"をクリックします。
image.png
サービスメッシュを作成するサイトの選択を行います。
image.png
続いてCompute Profileの選択を行います。
image.png

そしてSelect Services to be activatedの画面で導入したいサービス(仮想アプライアンス)を指定します。
以前はInterconnectは選択から外せなかったようなのですが今回検証したHCX 4.2では選択から外すことができました。
image.png
最後にサービスメッシュの名前を指定してFINISHをクリックする事でサービスメッシュの作成されます。
image.png
image.png

サービスメッシュ作成完了後仮想マシンの状態を確認すると、NE(Network Extension)のみインストールされていることが確認できます。デフォルトで作成した場合、IX(Interconnect)、WO(WAN Optimization)もインストールされているかと思います。
image.png

まとめ

今回は小ネタとして、HCXのサービスメッシュ作成時に特定のサービスのみActivateする方法をまとめてみました。

参考文献

4
5
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4
5