Help us understand the problem. What is going on with this article?

XAMPP USB Liteの使い方

More than 3 years have passed since last update.

XAMPP USB LiteをUSBメモリに設置しwindowsマシンで使用&Wordpressをインストールします。

環境

  • windows7

ダウンロード

xampp-win32-1.7.7-usb-lite.zipをダウンロードします。
解凍し、USBのルートディレクトリにフォルダごとコピーします。
Wordpressもダウンロードしておきます。

インストール・起動

setup_xampp.batを実行(実行しなくてもいいという記事もありましたが一応)。
実行後は特に何もしなくて大丈夫です。実行後の画面は↓。

setup_xampp.bat

xampp_control.exeを起動します。

xampp_control.exe
"Start"ボタンでApacheとMySQLをON/OFF。

xampp_control.exe
スタート後はこんな感じです。

表示

ブラウザでhttp://localhostを表示。言語選択の後にスタート画面が表示されれば成功です。

スタート画面

管理画面が文字化けする場合

今回は文字化けしませんでしたが、以下を参考にします。

XAMPP:管理画面の文字化けを直す
XAMPP portable lite 1.8.1 zip 版のインストールと初期設定(文字化け対策)

セキュリティ設定

最初に設定しておきます。
サイドメニューの「セキュリティ」に移動します。

セキュリティ画面

MYSQL項目:"ROOT"パスワード

MySQLのパスワード設定です。
"PhpMyAdminを検出しました。"はcookieにチェック、パスワードのファイルパスの欄はチェックを入れません。

XAMPPのディレクトリ制御(.htaccess)

ユーザーとパスワードを設定します。
パスワードのファイルパスの欄はチェックを入れません。

Wordpressをインストール

データベースの作成

「PhpMyAdmin」に移動、ログインします。
ユーザー名はroot、パスワードは先ほど設定した「MYSQL項目:"ROOT"パスワード」。
データベースを作成します(特別な設定はありません)。

Wordpressファイルの設置

/htdocs/内にwordpressファイルを設置します。
wp-config.phpを設定しておくか、http://localhost/wordpressのディレクトリ/に移動してインストールします。

その他

USBへXAMPPとWordpressをインストールしたファイルサイズは大体830MBほど。
各ファイルのダウンロードからインストールまでは30分ほどかかります。
ローカル環境(USBを繋いだ状態)でサイトを確認するときは、xampp_control.exeを起動したままlocalhostへアクセスします。

参考

簡単!XAMPP Portable Lite1.8.1を使ってローカル環境にWordPressをインストールする図解手順

mrymmh
フロントエンド見習いの覚書
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away