Edited at

爆速で導入可能なFirefox OSシミュレータを動かすまでの軌跡

More than 5 years have passed since last update.

今後、国内でもモバイル向けOSとして期待されているFirefox OSですが、今回、そのシミュレータを動かしてみました。

環境はMac OS X 10.9.3で、使用したFirefoxのバージョンは30.0です。

まずは普通にFirefoxをダウンロードし、

インストールします。

Firefoxのメニューの[ツール]-[Web 開発]-[アプリマネージャ]をクリックし、アプリマネージャを開きます。

アプリマネージャが表示されましたら、下の方にあります「シミュレータを起動」というボタンを押します。

まだシミュレータをインストールしていないため、ここでシミュレータをインストールするか聞かれます。素直に「シミュレータをインストール」のボタンを押します。

そうしますと、上にあるようなページが自動で開きます。ここにある緑色の「Install Simulator」のボタンをクリックします。

次にApp Manager add-onsというページに遷移し、ここでインストールするFirefox OS Simulatorを選ぶことができます。現時点での安定版の1.3をインストールしてみます。

ここでftp.mozilla.orgからのアドオンのインストールを許可していない場合、インストールを許可するかの確認が必要になります。「許可」を押します。

シミュレータのインストールが開始され、インストールが完了すると上のような通知が表示されます。

そしてアプリマネージャの画面に戻りますと、下の方のボタンがこのようになっており、ここで「Firefox OS 1.3」のボタンを押します。

はい、起動しました。

これだけでFirefox OS Simulatorが動かせちゃいました。マウスだけで出来ました。

これで、Firefox OS向けアプリ開発を始める準備が、ほぼ揃います。

あとはWeb標準技術を用いてアプリを作るだけです。

Webがネイティブな世界へようこそ。