Help us understand the problem. What is going on with this article?

AutoScaling概要

More than 1 year has passed since last update.

AWSコンソール上ではコンピューティング -> EC2の中にある
管理ツールにある「AWS Auto Scaling」とは別物っぽい。
今まで使用していたのものは「Amazon EC2 Auto Scaling」になるのかな。

Amazon EC2 Auto Scalingの構成要素

  • 起動設定
  • Auto Scalingグループ
  • Scalingポリシー

起動設定

  • AMI
  • インスタンスタイプ
  • 起動設定の名前
  • IAMロール(なしでもOK)
  • スポットインスタンス利用する/しない(価格設定)
  • 詳細モニタリングを有効化するか
  • ストレージ・セキュリティグループ
  • key pair

Auto Scaling グループ(起動設定含む)

  • グループ名
  • グループサイズ(開始時のインスタンス数:0も可)
  • ネットワーク(VPC/SUBNET)
  • ClassicLoadBalancerのAutoScalingに紐づけるか
  • ヘルスチェック(インスタンスサービス開始からの猶予時間。ロードバランサーと紐づけるとELB,EC2の選択もある)
  • インスタンスの保護(スケールインしない)
  • サービスにリンクされたロール
  • 通知設定
  • Tag

上記で作成したAuto Scalingグループに対して、ポリシーを設定する
(グループ作成時、作成後のどちらでも可)

Scalingポリシー

  • 名前
  • メトリクスタイプ(ターゲット別リクエスト数/CPU平均使用率/平均NW入力バイト/平均NW出力バイト)
  • ターゲット値(メトリクスタイプの閾値)
  • ウォームアップする秒数(この間はグループのメトリクスに入らない)
  • スケールインの無効化

補足

基本的に素のAMIを使用することはないはずなので、カスタムしたAMIか、ユーザデータを利用して初期設定をするかの選択。カスタムAMIをAWSではGolden AMIと呼ぶ

運用方法として下記が考えられる

負荷に合わせてスケールさせるケース

  • スケジュールベース: ピーク時間がわかる場合に採用する。Pre-Warmingの申請との違いがよくわからない
  • ルールベース: スケーリングポリシーで設定したメトリクス/ターゲットでスケールさせる

障害時に備えるケース

  • オートヒーリング: 最小台数を希望台数を合わせることによって台数を維持する。 インスタンスの起動時間を待てるサービス(最低15分程度のサービス停止)であれば、最低1台は動く様に設定することで自動化できる
mou34
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした