search
LoginSignup
0

posted at

updated at

AWS Direct Connectメモ書き

AWS Direct Connect

DirectConnectでは暗号化はされない

参考URL

物理接続

  • Meet-Me-Room
    • LOA-CFAをもとに接続
  • LAG(Link Aggregation Group)

仮想インターフェースの種類

  • プライベート仮想インターフェース
  • パブリック仮想インターフェース
  • トランジット仮想インターフェース

仮想インターフェース( Virtual Interface = VIF )

Connection(接続) = 物理接続(1G or 10G)
VIF = Connectionを通してAWSリソースにアクセスするための論理インターフェース

  • AWSとカスタマルータ間でBGPピアを確立し経路交換するために必要
    • BGP: 経路交換する際に使用するプロトコル
  • VLAN IDをもつ

VIFの種類

  • プライベートVIF: VPCへのプライベートIPを介した接続を提供
  • パブリックVIF: AWSの全リージョンへのパブリックIPを介した接続を提供(各AWSサービスのパブリックIPを利用する際に使う)
  • トランジットVIF: Transit Gateway用のDirect Connectゲートウェイへの接続を提供

クロスアカウント利用

  • Connectionを所有しているAWSアカウントから、他のAWSアカウントに対してVIFを提供することが可能
  • データ転送料は各アカウントに課金

プライベート接続: DirectConnectGw(DXGW)タイプ(推奨)

  • プライベートVIFを使用して複数のVPCへ接続を提供
  • 1つのププライベートVIFで複数のVPCへ接続可能

プライベート接続: 仮想プライベートGWタイプ

  • プライベートVIFを使用して1つのVPCへ接続を提供
  • CloudHubが必要な場合に利用。それ以外はDXGWを使用する方がいい
  • 複数のプライベートVIFを使用することで複数のVPCにアクセスすることも可能

パブリック接続

  • パブリックVIFを使用して中国を除く全リージョンのパブリックサービスへの接続を提供
  • オンプレミスのプライベートIPをパブリックIPにNAT変換する必要あり
  • 中国を除く全リージョンのAWSサービスのパブリックIPをAWSから受け取る(フィルタによって接続リージョンの経路だけ受け取ることも可能)

パブリックVIFによるパブリックサービスへの接続

  • 同一Connection上にパブリックVIFとプライベートVIFの混在が可能

トランジットVIFによるTransit Gateway(TGW)への接続

  • トランジットVIFを使用してDirectConnectGateway(DXGW)経由でTGWへ接続

プライベートVIF(DXGW)とトランジットVIF(DXGW+TGW)の比較

項目 プライベートVIF(DXGW) トランジットVIF(DXGW+TGW)
用途 オンプレとVPCを1対多で接続する オンプレとVPC間にコアルーターとしてTGWを配置し、すべての通信を1か所で管理する
VPC拡張性 VPCは1つのプライベートVIF+DXGWで10まで関連付け可能 VPCを5,000まで接続可能
通信対象 オンプレとVPC間の通信 オンプレとDXGWに指定する任意のIPで通信
ルーティング DXGWから広報するVPC CIDRに対し、経路フィルタリングが可能。VPC間の折り返し通信不可 TGWで複数のルートテーブルを作成可能。VPC間の折り返し通信可能
費用 DXGWの利用は無料、転送料は仮想プライベートGWのみ利用時と同等 TGWの転送料(従量制)、アタッチメント料(時間課金)が加算
接続要件 メニュー内から選択可能 1Gbps以上の接続/ホスト接続が必要

VPC間の通信はDXGWを経由できないため、TGWが必要らしい。
でもVPCピアリングで繋げばいい気もするが違いがいまいちわからない。
多数のVPCを利用する場合はTGW利用がいいらしい。

ホスト接続(Hosted Connection)

  • パートナーからの提供サービス
  • ホスト接続の作成はパートナーによって行われる。(AWSコンソールから不可)
  • Hosted Connectionの中にVIFを1つだけ顧客アカウントの権限で作成可能
  • VIFの削除・再作成ができる

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0