Edited at

TinyUnityのインストールする流れとすべてのデモのまとめ

参考にした記事:https://qiita.com/tkyaji/items/be7db0b419ce27c2a184


インストール

2018.3.0b12をインストールする

image.png

特にコンポーネントは変更しない

image.png

プロジェクトを作成

image.png

Player SettingsScripting Runtime Versionの設定値がNet 4.x Equivalentであることを確認

image.png

 

Packages/manifest.jsonを開く

image.png


Packages/manifest.json

{

"dependencies": {
"com.unity.ads": "2.0.8",
"com.unity.analytics": "3.2.2",
"com.unity.collab-proxy": "1.2.11",
"com.unity.package-manager-ui": "2.0.3",
"com.unity.purchasing": "2.0.1",
"com.unity.textmeshpro": "1.3.0",
"com.unity.modules.ai": "1.0.0",
"com.unity.modules.animation": "1.0.0",
"com.unity.modules.assetbundle": "1.0.0",
"com.unity.modules.audio": "1.0.0",
"com.unity.modules.cloth": "1.0.0",
"com.unity.modules.director": "1.0.0",
"com.unity.modules.imageconversion": "1.0.0",
"com.unity.modules.imgui": "1.0.0",
"com.unity.modules.jsonserialize": "1.0.0",
"com.unity.modules.particlesystem": "1.0.0",
"com.unity.modules.physics": "1.0.0",
"com.unity.modules.physics2d": "1.0.0",
"com.unity.modules.screencapture": "1.0.0",
"com.unity.modules.terrain": "1.0.0",
"com.unity.modules.terrainphysics": "1.0.0",
"com.unity.modules.tilemap": "1.0.0",
"com.unity.modules.ui": "1.0.0",
"com.unity.modules.uielements": "1.0.0",
"com.unity.modules.umbra": "1.0.0",
"com.unity.modules.unityanalytics": "1.0.0",
"com.unity.modules.unitywebrequest": "1.0.0",
"com.unity.modules.unitywebrequestassetbundle": "1.0.0",
"com.unity.modules.unitywebrequestaudio": "1.0.0",
"com.unity.modules.unitywebrequesttexture": "1.0.0",
"com.unity.modules.unitywebrequestwww": "1.0.0",
"com.unity.modules.vehicles": "1.0.0",
"com.unity.modules.video": "1.0.0",
"com.unity.modules.vr": "1.0.0",
"com.unity.modules.wind": "1.0.0",
"com.unity.modules.xr": "1.0.0"
}
}

*** 追記 ***

@tsubaki_t1 さんから下記は不要とのことです

{

"dependencies": {
"com.unity.ads": "2.0.8",
:
"com.unity.modules.xr": "1.0.0"
- }
+ },
+ "registry": "https://staging-packages.unity.com"
}

WindowメニューからPackage Managerを選択して、PackageManagerを開く

Tiny Modeは、まだプレビューなので、Advancedボタンを押して「Show Preview Packaged」を選択する

image.png

表示されたTiny Modeパッケージをインストールする

image.png

メニューの「Tiny」から「Import Samples」を選択してインポート画面を開く

image.png

Projectウィンドウ内の「U」というアイコンのファイルをクリックするとサンプルが開きます

image.png

シーンが開いたら後はプレイボタンを押すとビルドされて実行されます

image.png

URLをクリックするとブラウザーが開き、QRコードを撮影するとスマホでテストできます


サンプルプロジェクト一覧と感想


AudioForest

オーディオ再生のサンプル

IMG_0435.png


UILayoutDemo

UIをシーンエディタを使って行うサンプル

IMG_0426.png


PhysicsDemo

物理エンジンのデモ

IMG_0427.png


MatchThree

いわゆるパズドラな3マッチパズル。完成度は高い。

IMG_0429.png


GalaxyRaiders

インベーダーゲーム風のデモ

IMG_0431.png


FlyingYolk

いわゆるフラッピーバード。それなりの完成度のアプリ。

IMG_0432.png


DungeonZ

ダンジョンを表示されるだけのデモ

IMG_0433.png


BasicWorkshop

スターソルジャー的なシューティングゲーム風のデモ

IMG_0434.png


SimpleInput

矩形をキーボード(WSAD)で移動させるサンプル

image.png


総合評価

Unityとはまったく別物のエンジン&エディターがUnity内にできた感じ。

ゼロベースで全部作っていくことになりそうだからEgretEngineやCocosとは厳しい戦いになるかもしれない。


よかった点

・QRコードを撮影してすぐ実機でテストプレイ

・Unityでプロジェクトを変更してビルド&実行するとブラウザのゲームの自動でリロードされる


気になる点

・3D未対応なのでEgretよりだいぶ遅れている

・ビルドが重い

・C#シフトして大丈夫なのか?

・本体のUnityとは別物だけど本体と一緒に動く。だから本体の開発に影響があったり、TinyUnity自体の制約にならないか?