LoginSignup
1

小学生でもわかるスクラムガイド

Posted at

はじめに

  • この記事は"スクラムガイド(2020 年 11 ⽉)"を小学生でも読みやすく書き直したものです。
    • 個人的にとっつきにくかったスクラムガイド読みたくなるような形式で作り直しました
      • 私自身今から読もうと思ってますので内容に関しては詳細な確認は行っていないと考えてください
    • 書き直しにはChatGPT(GPT-4)を使用しています
    • AIによる翻訳のため、一部変な内容になっている可能性があります。怪しいと思ったら原文を確認いただければと思います
  • スクラムガイド原文がCreativeCommonsで公開されているため、この本も同じライセンスで公開しています

スクラムガイドの⽬的

image.png

スクラムガイドは、1990年代初めに開発されたスクラムという方法を説明するための本です📖。この方法は、たくさんの人が色々な仕事を上手に進めるのに役立ちます👩‍💼👨‍💻。スクラムガイドは、2010年に最初に書かれました✍️。それから、少しずつ改善してきました🔄。

スクラムガイドには、スクラムの方法がどうやって動くかが書いてあります。大切な部分がたくさんあります💡。この方法をちゃんと使わないと、問題が見つからなかったり、スクラムの良さがわからなくなったりすることがあります😥。

今では、スクラムはたくさんの人に使われています🌍。ソフトウェアを作る人だけでなく、他の色々な仕事をする人もスクラムを使っています🔬📈。スクラムでは、「開発者」という言葉を使っていますが、それは簡単にするためだけで、他の人も使ってもらいたいと思っています🤗。

スクラムを使うと、自分たちに合ったやり方や考え方を見つけたり、考えたりすることがあります🧠💭。それらのことは、スクラムガイドでは説明していませんが、他の場所で説明されています🔍。

このスクラムガイドは、Ken SchwaberさんとJeff Sutherlandさんが一緒に書いています🖋️。2020年11月に、この版が出ました🗓️。

スクラムとは何か?

image.png

スクラムは、難しい問題を解決するために、人々やチームが一緒に働いて価値あるものを作る方法のことです🤝🔧。これは、軽くて使いやすい方法です💨。

スクラムは、スクラムマスターという人がいて、次のような環境を作ります👩‍💼:

  1. プロダクトオーナーが、難しい問題を解決するためにやるべき仕事をリストにします📋。
  2. スクラムチームが、そのリストから選んだ仕事を、価値あるものに変えます🛠️。
  3. スクラムチームと他の関係者が、できたものを見て、次のステップにどうするか決めます🔍。
  4. これを繰り返します🔄。

スクラムはシンプルです😊。まずは、そのまま試してみてください👍。そして、この方法が目標を達成し、価値あるものを作るかどうかを見てください🏁。スクラムは、必要な部分だけが決まっていて、あとは皆さんが工夫して作り上げる方法です🧩。

スクラムの中では、色々なやり方や技術が使えます📚。スクラムは、今のやり方を使ったり、新しいやり方に変えたりできます✨。スクラムを使うことで、今の方法がどれくらい良いかが見えて、改善できるようになります🌟。

スクラムの考え方

image.png

スクラムは、「経験から学ぶ(経験主義)」と「ムダをなくす(リーン思考)」の2つの考え方を使っています🧠✨。経験から学ぶとは、経験を通じて知識が得られ、観察に基づいて決めることです。ムダをなくすとは、不要なことを取り除いて、大切なことに集中することです。

スクラムでは、問題を解決するために、繰り返しや小さなステップで進む方法を使っています🔁🚶‍♂️。スクラムチームは、たくさんの知識や技術がある人たちが集まって、一緒に働きます👩‍💼👨‍💼。

スクラムには、4つの大切なイベントがあります📅。それらは「スプリント」という名前のイベントの中に含まれています。このイベントがうまくいくのは、スクラムの3つの柱「透明性」「検査」「適応」があるからです。

透明性

みんなが見ることができるように、作業の進め方や成果を見せることが大切です👀✨。スクラムで大切な決め事は、3つの作り物(成果物)を見て判断されます。透明性が低いと、価値が下がり、リスクが上がる決定がされることがあります。
透明性があると、検査ができます。透明性がない検査は、誤解を招き、ムダになります。

検査

スクラムの成果物や目標に向かう進捗は、こまめにチェックすることが大切です🔍。これは、問題や変化を見つけるためです。スクラムでは、検査をサポートするために、5つのイベントがリズムを提供しています。
検査で適応ができます。適応がない検査は、意味がありません。スクラムのイベントは、変化を起こすように作られています。

適応

プロセスや作業の成果がうまくいかないとき、適応して変える必要があります🔄🌟。できるだけ早く変えることで、問題が大きくなるのを防ぎます。
関係者が権限がないときや、自分で管理できないときは、適応が難しくなります😞。スクラムチームは、検査で新しいことを学んだとき、すぐに適応することが期待されています🌈。

スクラムの大切な5つのこと

image.png

スクラムがうまくいくかどうかは、次の5つの大切なことができるかどうかにかかっています✨。

  1. 確約(Commitment)💪
  2. 集中(Focus)🎯
  3. 公開(Openness)🔓
  4. 尊敬(Respect)🤗
  5. 勇気(Courage)🦁

スクラムチームは、目標を達成するために、お互いに助け合うことを約束します🤝。チームは、目標に向かって一生懸命進むために、スプリントの仕事に集中します🏃‍♀️。チームと関係者は、作業や問題を公開します🌟。チームのメンバーは、お互いを尊敬し、一緒に働く人たちからも尊敬されます😊。そして、チームのメンバーは、正しいことをする勇気や難しい問題に取り組む勇気を持ちます💪。

これらの大切な5つのことは、チームの仕事や行動、態度を導きます🌈。決められたことややり方、スクラムの使い方は、これらの大切なことを弱くさせず、強くするものでなければなりません🚀。スクラムチームのメンバーは、スクラムのイベントや作り物を使って、これらの大切なことを学びます📚。これらの大切なことがチームや一緒に働く人たちに実践されるとき、スクラムの「透明性」「検査」「適応」という3つの柱が生き生きとし、信頼が築かれます💖。

スクラムチームって何?

image.png

スクラムの基本は、スクラムチームという小さなチームで作業することです👥。スクラムチームは、スクラムマスター1人、プロダクトオーナー1人、そして何人かの開発者でできています🧑‍💻。スクラムチームの中では、小さなグループや順位はありません。みんなが同じ目標に向かって頑張ります🎯。

スクラムチームはいろんなスキルを持った人たちでできていて、それぞれのスプリントで価値あるものを作るために必要なスキルが全部そろっています🌟。チームは自分たちで決めて、どんな仕事を、いつ、どうやるかを決めます✅。

スクラムチームは、ちょうどいい大きさで、たいてい10人以下のメンバーがいます👬👭。小さいチームだと、みんなで話し合いやすくて、効率がいいです💡。

スクラムチームが大きすぎると、同じ目標に向かって働く複数のチームに分けることが大切です🔀。それで、同じ目標やリスト、プロダクトオーナーを共有することが必要になります📋。

スクラムチームは、プロダクトに関するすべての仕事をする責任があります🏆。チームは、自分たちで仕事を管理するように作られていて、そのための権限があります🎩。スクラムチームは、スプリントの仕事を続けて行うことで、集中力と一貫性が上がります🚀。

スクラムチーム全員が、スプリントごとに価値のあるものを作る責任があります🌈。スクラムは、開発者、プロダクトオーナー、スクラムマスターという3つの役割をチームに与えます🎭。

開発者って何? 👩‍💻👨‍💻

開発者はスクラムチームの仲間です🤝。彼らは各スプリントで、使えるインクリメント(小さな部分)を作ることを約束します✋。開発者が持つべきスキルは、いろいろなものがあり、作業の領域によって違います🌈。けれども、開発者はいつも次のことに責任を持ちます🎯。

  • スプリントの計画(スプリントバックログ)を作ること📝。
  • 完成の定義をちゃんと守って、良い品質を作ること🏅。
  • スプリントゴールに向かって、毎日計画を調整すること🔄。
  • 専門家として、お互いに責任を持つこと👭👬。

プロダクトオーナーって何?

プロダクトオーナーは、チームが作るものの価値を最大限にすることに責任があります 🎯。どの組織やチームでも、プロダクトオーナーのやり方は違います。

プロダクトオーナーは、プロダクトバックログ(やることリスト)を上手に管理する責任もあります 📋。たとえば、

  • 目標を決めて、みんなに伝える。
  • やることリストにアイテムを作って、みんなに伝える。
  • やることリストの順番を整理する。
  • やることリストがみんなにわかりやすく見えるようにする。

プロダクトオーナーは、これらの仕事を自分でやることもできますが、他の人にお願いすることもできます 🤝。どちらの場合でも、最後に責任を持つのはプロダクトオーナーです。

プロダクトオーナーがうまく働くために、組織全体がプロダクトオーナーの決定を尊重しなければなりません 🌐。これらの決定は、やることリストや順番、そしてスプリントレビュー(チームの作業のチェック会)で見ることができます。

プロダクトオーナーは 1 人の人で、委員会ではありません 🚶‍♂️。プロダクトオーナーは、たくさんの人のニーズをやることリストに表していることがあります 📝。もしやることリストを変えたいと思う人がいたら、プロダクトオーナーを説得しなければなりません 🗣️。

スクラムマスターって何?

スクラムマスターは、スクラムガイドに書かれているスクラムをしっかりやることに責任があります 📘。スクラムマスターは、チームと組織にスクラムの考え方とやり方をみんなに理解してもらえるように助けることで、その責任を果たします 👩‍🏫。

スクラムマスターは、チームが上手く働くことに責任があります ⚙️。スクラムマスターは、チームがスクラムのルールの中で、やり方をどんどん良くできるように助けることで、その責任を果たします 🌟。

スクラムマスターは、チームと組織にとって本当のリーダーです 👨‍💼。

スクラムマスターは、チームを色々な方法で助けます 🤗。

  • チームメンバーに自分たちで管理する方法や、いろんなスキルを持ったチームの作り方を教える。
  • チームが価値のあるものを作ることに集中できるように助ける。
  • チームの進み方を邪魔するものを取り除くように働きかける。
  • スクラムのイベント(ミーティング)が行われ、みんなが活発に参加できるように、時間も守られるようにする。

スクラムマスターは、プロダクトオーナーを色々な方法で助けます 👍。

目標を決める方法や、やることリストの管理の仕方を教える。
やることリストのアイテムがわかりやすいことが大切だと、チームに理解してもらう。
複雑な状況での計画を立てる方法を助ける。
必要なら、プロダクトオーナーと他の人たちが一緒に働くことを促す。
スクラムマスターは、組織を色々な方法で助けます 🏢。

  • 組織にスクラムを教えたり、練習させたり、コーチする。
  • 組織でスクラムをどうやるかを計画したり、手伝ったりする。
  • 複雑な仕事に対して、経験を積む方法を社員やステークホルダー(関係者)に教える。
  • ステークホルダーとチームの間にある障害を取り除く。

スクラムイベント 🎪

image.png

スプリントは、スクラムで大事なイベントのひとつです 🏃‍♂️。スクラムのイベントは、作ったものをチェックして改善するための特別な時間です 🕒。イベントは透明性を実現するために設計されています 🔍。ちゃんとしたイベントを開かないと、チェックと改善のチャンスが失われます 😢。スクラムのイベントは、ルールを守ることで、他のミーティングが少なくて済むようになります 📅。

イベントは、同じ時間と場所で開くのが良いです 🏢⌚。

スプリント 🏃‍♀️

スプリントはスクラムの中心で、アイデアを価値あるものに変えるときに使います 💡➡️💎。

スプリントは、1 か月以内の決まった期間です 🗓️。前のスプリントが終わったら、次のスプリントが始まります 🔄。

スプリントでは、スプリントプランニング、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブなど、プロダクトゴールを達成するために必要なすべての作業が行われます 📝👥。

スプリントの間に、

  • スプリントゴールを達成できなくなるような変更は避ける 🚫。
  • 品質を下げない 🌟。
  • 必要に応じてプロダクトバックログを整理する 📋。
  • 学習が進むにつれて、プロダクトオーナーと再交渉が必要になることがある 🤝。

スプリントで、プロダクトゴールに対する進捗が 1 か月ごとにチェックでき、予測しやすくなります 🔍📈。スプリントの期間が長すぎると、ゴールが役に立たなくなり、リスクが高くなります ⚠️。スプリント期間を短くすることで、たくさんの学習ができ、リスクを小さくできます 📚💡。

進捗を見るために、バーンダウン、バーンアップ、累積フローなどの方法があります 📊。これらは役に立ちますが、経験を大事にすることが大切です 🧠 です 🌟。複雑な状況では、未来がどうなるか分からないので、過去の経験を活かして決断を下すことが大切です 🔮。

もしスプリントゴールが役に立たなくなったら、スプリントは中止になるかもしれません 🛑。プロダクトオーナーだけが、スプリントを中止する権限を持っています 👩‍💼。

スプリントプランニング 🗓️

スプリントプランニングは、新しいスプリントのスタートで、この時にみんなで作業の計画を立てます 📝。プロダクトオーナーとチームみんなで一緒に計画を作ります 👨‍👩‍👧‍👦。

プロダクトオーナーは、大事な仕事が何か説明し、それがプロダクトゴールにどう関係するか話します 🎯。チームは、他の人にアドバイスをもらうためにスプリントプランニングに招待しても大丈夫です 🗣️。

スプリントプランニングでは、3 つの質問に答えます:

質問 1: このスプリントはなぜ大事?  🤔

プロダクトオーナーは、今回のスプリントでプロダクトがどうよくなるか提案します 💡。そして、チームみんなでスプリントゴールを決めます。このゴールは、なぜこのスプリントが大事かを説明します 🏆。スプリントプランニングが終わるまでにスプリントゴールを決めなければなりません ✅。

質問 2: このスプリントで何ができる?  📈

開発者は、プロダクトオーナーと話し合いながら、どの仕事を今回のスプリントでやるか決めます 📚。チームは、仕事を理解しやすくするためにプロダクトバックログアイテムを整理することもあります 🗂️。どれくらいの仕事ができるか決めるのは難しいかもしれませんが、過去の経験や今回の時間、完成の定義を考えると、予測ができるようになります 🔍。

質問 3: 選んだ仕事をどうやってやる?  🚀

開発者は、選んだプロダクトバックログアイテムごとに、どんな作業が必要か計画します 🔨。たいてい、大きな仕事を 1 日でできる小さな仕事に分けます ⏲️。どうやってこれをするかは、開発者たちが決めます 🧑‍💻。プロダクトバックログアイテムを価値のあるものにする方法は自分たちで見つけなければなりません 🌟。

スプリントゴール、選んだプロダクトバックログアイテム、そしてそれらを達成するための計画をまとめたものをスプリントバックログと呼びます 📋。

もしスプリントが 1 か月だったら、スプリントプランニングは最大 8 時間でやります ⏳。もしスプリントが短かったら、スプリントプランニングの時間も短くします ⌛。

デイリースクラム 🗣️

デイリースクラムの目的は、スプリントゴールに向けてどれくらい進んでいるかをチェックし、これからの作業を計画し、必要ならスプリントバックログを変更することです 🔄。

デイリースクラムは、チームの開発者たちのための 15 分のイベントです ⏰。スプリント中は毎日、同じ時間・場所でやります 📍。プロダクトオーナーやスクラムマスターが仕事をしているときも、開発者として参加します 👥。

開発者は、デイリースクラムでスプリントゴールに焦点を当て、これからの 1 日の作業を計画します 📅。どんな方法でやるかは、開発者たちが決めます 💡。これは、集中力を上げて、自分たちで管理する力を強くします 💪。

デイリースクラムは、コミュニケーションを良くし、問題を見つけて、すぐに決断をするのを助けます 🔎。それで、他の会議はいらなくなります ❌。

開発者は、デイリースクラムだけでなく、一日中話し合って、スプリントの残りの仕事を変更したり、再計画したりできます 🔄。

スプリントレビュー 📊

スプリントレビューの目的は、スプリントの成果をチェックして、これからどうするかを決めることです 🎯。

スクラムチームは、大事な人たちに作業の結果を見せて、プロダクトゴールにどれくらい近づいているか話し合います 📣。

スプリントレビューでは、スクラムチームと大事な人たちが、スプリントで何ができたか、何が変わったかを見直します 🔍。その情報をもとに、みんなで次にやるべきことを決めます 🤝。新しいチャンスがあれば、プロダクトバックログを変更することもあります ✏️。スプリントレビューは、一緒に働くセッションで、ただのプレゼンテーションだけではありません 🚀。

スプリントレビューは、スプリントの最後から 2 番目のイベントで、スプリントが 1 か月だったら、最大 4 時間でやります ⌛。スプリントが短かった

スプリントレトロスペクティブ 🔄

スプリントレトロスペクティブの目的は、チームがもっとうまくできる方法を考えることです 💭。

スクラムチームは、今回のスプリントでどのように進んだかを見てみます 👀。それぞれの人、チームの関係、やり方、道具、完成の定義について話し合います 🗣️。どんな仮説が間違っていたか、何が原因かを考えます 💡。

スクラムチームは、スプリント中に何がうまくいったか、どんな問題があったか、どうやって解決したか(または解決しなかったか)を話し合います 🔍。

チームは、どんな変更が一番役に立つかを考えます 🌟。大事な改善は、できるだけ早くやるべきです ⏱️。次のスプリントのスプリントバックログに入れることもできます 📝。

スプリントレトロスペクティブでスプリントは終わります 🔚。スプリントが 1 か月の場合、スプリントレトロスペクティブは最大 3 時間です ⌛。スプリントが短かったら、スプリントレトロスペクティブも短くなります 🕒。

スクラムの作成物 📚

image.png

スクラムの作成物は、チームが作るもので、価値があります 💎。それらは、情報が透明であることを大事にしています 🔎。

それぞれの作成物には、「確約(コミットメント)」があります ✅。これは、進捗を測るための情報を提供するものです 📊。

  • プロダクトバックログにはプロダクトゴール 🎯
  • スプリントバックログにはスプリントゴール 🏁
  • インクリメントには完成の定義 📋

これらの確約は、スクラムチームとステークホルダーが経験とスクラムの価値を大事にするためにあります 🤝。

プロダクトバックログ 📋

プロダクトバックログは、プロダクトを良くするためのアイデアのリストです 📝。これは、スクラムチームがやるべきことの唯一の情報源です 📚。

1 スプリントでチームができるプロダクトバックログアイテムは、スプリントプランニングのときには準備ができているべきです 📑。スクラムチームは、リファインメント(磨き)の活動を通じて、選択に必要な透明性を得ます 🔍。プロダクトバックログアイテムをもっと小さく、詳細にするために、分割や定義をします 🔧。これは、説明・順番・サイズなどの詳細を追加する継続的な活動です 🚀。たいてい、属性は作業領域ごとに違います 🌐。

作業をする開発者は、その作業規模の評価に責任を持ちます 🤲。開発者が選択を理解できるように、プロダクトオーナーが開発者を支援します 🤝。

確約(コミットメント):プロダクトゴール 🎯

プロダクトゴールは、プロダクトの未来の姿を示しています 🔮。これがスクラムチームの計画の目標になります 🎯。プロダクトゴールはプロダクトバックログに入っています 📑。プロダクトバックログの残りの部分は、プロダクトゴールを達成するための「何か」を定義しています 🔧。

プロダクトは、価値を提供する手段です 🌟。プロダクトは、明確な境界、既知のステークホルダー、明確に定義されたユーザーや顧客を持っています 👥。プロダクトは、サービスや物理的な製品である場合もあれば、もっと抽象的なものの場合もあります 🌐。

プロダクトゴールは、スクラムチームの長期的な目標です ⏳。次の目標に移る前に、スクラムチームはひとつの目標を達成(または放棄)しなければなりません ✔️。

スプリントバックログ 📝

スプリントバックログは、スプリントゴール(なぜ)、スプリント向けに選択されたいくつかのプロダクトバックログアイテム(何を)、そしてインクリメントを届けるための実行可能な計画(どのように)でできています 🧩。

スプリントバックログは、開発者による、開発者のための計画です 👩‍💻👨‍💻。スプリントバックログには、スプリントゴールを達成するために開発者がスプリントで行う作業がリアルタイムに反映されます 🔄。その結果、もっと学んでいくにつれて、スプリントの期間中に更新されます 📈。スプリントバックログはデイリースクラムで進捗を検査できる程度の詳細さが必要です 🔎。

確約(コミットメント):スプリントゴール 🥅

スプリントゴールはスプリントの唯一の目的です 🥅。スプリントゴールは開発者が確約するものですが、スプリントゴールを達成するために必要な作業には柔軟性があります 🤸‍♂️。スプリントゴールはまた、一致性と集中を生み出し、スクラムチームに団結して働くことを促すものでもあります 👫👭👬。

スプリントゴールは、スプリントプランニングで作成され、スプリントバックログに追加されます ➕。開発者がスプリントで作業するときには、スプリントゴールを念頭に置いています 💡。もし作業が予想と違うことがわかったら、スプリントゴールに影響がないように、プロダクトオーナーと話し合ってスプリントバックログの範囲を調整します 🔄🗣️。

インクリメント 📈

インクリメントは、プロダクトゴールに向かって進むための小さなステップです🚶‍♂️。インクリメントは、これまで作ったインクリメントに追加されます➕。それに加えて、すべてのインクリメントがうまく機能することを確かめるために、きちんとチェックする必要があります✔️。価値を提供するためには、インクリメントを使える状態にしなければなりません🌟。

スプリントでは、いくつものインクリメントを作ることができます🎨。インクリメントをまとめたものをスプリントレビューで見せます👀。これによって、学びがサポートされます📚。ただし、スプリントの終わり前にインクリメントをステークホルダーに届けることもあります🚚。スプリントレビューは、価値をリリースするためのドアと考えるべきではありません🚪。

完成の定義を満たさない限り、作業をインクリメントの一部とみなすことはできません❌。

確約(コミットメント):完成の定義 ✅

完成の定義は、プロダクトの品質基準を満たすインクリメントの状態を示した公式な説明です📃。

プロダクトバックログアイテムが完成の定義を満たしたとき、インクリメントが生まれます🌱。

完成の定義によって、作業が完了してインクリメントの一部になったことがみんなの共通認識になり、透明性が生まれます🔍。プロダクトバックログアイテムが完成の定義を満たしていない場合、リリースすることはできません❌。スプリントレビューで見せることもできません😔。そんな時は、後で検討できるようにプロダクトバックログに戻しておきます🔙。

インクリメントの完成の定義が組織の基準の一部となっている場合、すべてのスクラムチームは最低限それに従う必要があります📏。組織の基準になっていない場合、そのスクラムチームはプロダクトに適した完成の定義を作成する必要があります🖋️。

開発者は完成の定義に従う必要があります⚖️。プロダクトに関わるスクラムチームが複数ある場合、共通の完成の定義を作成して、それに従う必要があります🤝。

最後に 🏁

スクラムは無料であり、本ガイドで提供されるものです🆓。ここで説明したように、スクラムフレームワークは不変です🔄。スクラムの一部だけを導入することもできますが、それはスクラムとは言えません❌。すべてを備えたものがスクラムであり、その他の技術や方法論、実践の入れ物として機能するものです🧰。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1