C++
Qt

Qt Creator on Macでショートカットを変更する

More than 1 year has passed since last update.

今日、初めてQtをMacで動かしました。とても、使いやすそうだなと思ったのですが、ひとつ気になることがありました。 行頭に戻る、一行削除するなどのMacのキーバインドがデフォルトでは使えなかった のです。

このままでは使いづらいツールになってしまうかも!と思いましたが、調べたらすぐにでてきました。

ショートカットを変更する

Preferences > Environment > Keyboard でキーボードショートカットの一覧が出てきます。ここで、様々なショートカットの変更ができます。

Preferences_と_main_cpp_-_first-qt_-_Qt_Creator.png

僕の場合はとりあえずは、行頭に移動( ^A )、行末に移動( ^E )、行末まで削除( ^K )が出来れば良いと思ったのでその変更をしました。

実際の変更手順

変更したいショートカットを検索

Preferences_と_main_cpp_-_first-qt_-_Qt_Creator.png

ショートカットコマンド名はそれぞれ、

  • 行頭に移動: GoToLineStart
  • 行末に移動: GoToLineEnd
  • 一行削除: DeleteLine

でした。カーソル位置から行末まで削除というのは見当たらなかったのですが、一行削除ができれば十分です。

登録したいショートカットを入力

変更したいショートカットコマンドを選択し、ウィンドウ下部の Record ボタンを押してショートカットを入力します。

これで完了です!!

思ったこと

上記のコマンドは全て初期設定ではショートカットが登録されていませんでした。Macの場合、ここにMacのEmacsキーバインドを入れておくだけで、最初の印象がもっと良くなるのになぁと思いました。

参考