Help us understand the problem. What is going on with this article?

**/* ← こいつぐぐっても出てこない問題

More than 1 year has passed since last update.

ディレクトリ指定のワイルドカードのこいつ

フレームワークのconfig系のファイルや
Webpackやらサーバー周りの設定ファイルなんかで書きがちなこいつ。

"**/*"

プログラミング初めて3ヶ月目くらいのころ、
**/*をぐぐってもぐぐっても参考になる情報を見つけられませんでした。
(たぶん"ディレクトリ **"とかで検索すれば辿りつけたけど、当時はその発想・知能がなかった)

ということで、これからプログラミングを始める人のために
Google検索で **/* このキーワードでひっかかる記事を作成!

*

ワイルドカードと言います。
あらゆるファイルを対象にします

例) git status ./*
→変更のあった全ファイル

*.rb

拡張子を指定できます

git status ./*.rb
→変更のあった全てのrbファイル

**/*

問題のこいつ。まじでググってもググっても出てこない。

指定したディレクトリの全てのサブディレクトリ(子孫)以下にあるファイルを指定します。

git status ./app/services/**/*
→app/services配下の全てのファイルと、その子孫ディレクトリ配下の全てのファイルを指定

こんな書き方もできます

git status ./app/services/**/*.rb
moriwm77
Ruby / Elixir / Haskell / TypeScript / React を使います。
div
テクノロジースクールTECH::CAMP、TECH::EXPERTを運営するスタートアップ
http://di-v.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした