Linux
RaspberryPi

Raspberry Piの初期設定


はじめに

Raspberry Piの初期設定で特によくおこなうものをメモする。なお、OSはRaspbian Stretch Liteを、バージョンは現時点で最新のものを使用する:

$ lsb_release -a

No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description: Raspbian GNU/Linux 9.4 (stretch)
Release: 9.4
Codename: stretch
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.68-v7+ #1140 SMP Wed Sep 5 17:17:58 BST 2018 armv7l GNU/Linux


パッケージリストとパッケージの更新

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get upgrade


OSの更新

$ sudo apt-get dist-upgrade


ファームウェアの更新

$ sudo apt-get install rpi-update

$ sudo rpi-update
$ sudo reboot


raspi-configの更新

$ sudo raspi-config

"8 Update" を選択する。


パスワードの更新

$ sudo raspi-config

"1 Change User Password" からおこなう。


ファイアウォールの設定

$ sudo apt-get install ufw  # ufwのインストール

$ sudo ufw allow 22 # ポートの開放
$ sudo ufw default deny # 許可されたポート以外を閉じる
$ sudo ufw enable # ufwの有効化
$ sudo ufw status # ファイアウォールの設定を確認
Status: active

To Action From
-- ------ ----
22 ALLOW Anywhere
22 (v6) ALLOW Anywhere (v6)


sshの設定

$ sudo raspi-config

"5 Interfacing Options" -> "P2 SSH" -> "Would you like the SSH server to be enabled?" -> "Yes" によりsshが有効化される。

sshの設定ファイルは/etc/ssh/sshd_configにある。

Port 22  # ポートの設定

PermitRootLogin no # rootログインの禁止
PasswordAuthentication no # パスワード認証の禁止

などを適宜設定する。


ロケールの変更

$ sudo raspi-config

"4 Localisation Options" -> "I1 Change Locale" からおこなう。


タイムゾーンの変更

$ sudo raspi-config

"4 Localisation Options" -> "I2 Change Timezone" からおこなう。


ファイルシステムの拡張

$ sudo raspi-config

"7 Advanced Options" -> "A1 Expand Filesystem" からおこなう。


IPアドレスの固定

$ ifconfig  # 現在のIPアドレスを確認する

$ sudo vim /etc/dhcpcd.conf # 上で確認したIPアドレスに固定する
$ tail -n 4 /etc/dhcpcd.conf # たとえば、下の4行のように末尾に記入する
interface eth0
static ip_address=192.168.1.19/24 固定したいIPアドレス
static routers=192.168.1.1 # デフォルトゲートウェイ
static domain_name_servers=192.168.1.1 # DNSサーバ