Ruby
Rails

Ubuntu14.04にRuby on Rails学習用の環境構築をしたメモ

More than 3 years have passed since last update.


前提

Railsの勉強をしようと思い、環境構築をしたメモ。

超初心者向け。Rails Crash Courseという本を参考にしてます。

OSはVagrant上で動く初期状態のUbuntu14.04。


流れ


  1. rbenvのインストール

  2. RubyとRuby on Railsのインストール


rbenvのインストール

rbenvはRubyの複数バージョンを管理するためのプログラム。

Pythonでいうvirtualenvのようなもの。

まずrubyのコンパイルに必要なツールをインストールしておく:

$ sudo apt-get install autoconf bison build-essential git libssl-dev libyaml-dev libreadline6 libreadline6-dev zlib1g zlib1g-dev libsqlite3-dev

次に、rbenvのリポジトリをコピー:

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

rbenvのpathの設定やら自動補完:

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

最後にruby-build(rbenv installコマンドを使えるようにする)のインストール:

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build


RubyとRuby on Railsのインストール

まず、利用可能なRubyのバージョンを調べる:

$ rbenv install -l

最新の安定バージョンをインストールする:

$ rbenv install 2.2.2

Rubyのバージョンを切り替える:

$ rbenv global 2.2.2

$ ruby -v
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-linux]

gem(Rubyのパーケージ管理ツール)でRuby on Railsをインストールする:

$ gem install rails

rbenvをアップデートする:

$ rbenv rehash

これでとりあえず始められるはず。やったね。