Help us understand the problem. What is going on with this article?

simplekmlのシンプルな使い方

More than 1 year has passed since last update.

初カキコ…ども…

表題の通りですが、簡単に使い方を説明していこうと思います

simplekmlとは

簡単に言えばKMLをシンプルに作成できるpythonのパッケージですね。
あんまりsimplekmlに関する記事がないようでしたので、自分のコードとかを備忘録的に記事にしておこうと思いました。

記事作成時点でのバージョンは1.3.1になります。
https://simplekml.readthedocs.io/en/latest/index.html

めちゃ簡単なsample

simplekml.py
kml = simplekml.Kml()
kml.newpoint(name="Kirstenbosch", coords=[(18.432314,-33.988862)])  # lon, lat, optional height
kml.save("botanicalgarden.kml")

ざっくりこれだけでkmlが作れます。
sampleでは点だけを作ってますが、これ以外にもpolygonやlineが描画できます。
またフォルダを作成して、その中にpointやlineを作ることももちろん可能です。

ポリゴンのスタイル

polygonやline,pointにはそれぞれスタイルが設定できます。
設定できるものはオブジェクトによって違います。詳細は公式Documentを参照してください

polygonStyle.py
pol = kml.newpolygon(name = testName)
pol.outerboundaryis = [a, b, c, d, a]
pol.style.linestyle.color = "bf00ffff"
pol.style.polystyle.color = "3f00ff00"
pol.style.linestyle.width = 3

上のサンプルではまずポリゴンの外形境界線(outerBoundary)を設定し
境界線の色、ポリゴンの色、境界線の太さを設定しています。
また、このほかに内側の境界線(innerBoundary)を設定することもできます。

ポイントのスタイル

pointStyle.py
point = kml.newpoint(name = testName)
point.coords = [(a,b)]
point.style.iconstyle.icon.href = None
point.style.labelstyle.scale = 0.8

pointのスタイルになります。
割と使いそうなのはiconstyleだと思います。
こう記述するとiconなしで表示することができます。

注意点

最後に注意したい点なんですが、kmlの座標の表記は度分秒ではなく十進数表記になります。
若干めんどうなんですけど、そこだけ注意してください。

おわり

いかがでしたか!?
初めての記事なのでちょっと締めの言葉がわかりません。

以上です。

2019/07/18
一部修正しました。内容に変更はありません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした