Help us understand the problem. What is going on with this article?

ドラッグドロップでadb install(Windows/Mac)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

よく、ブラウザからapkをダウンロードしてUSB接続したAndroid端末にインストールすることがあるのですが、いちいちコマンドプロンプトやターミナルを開いてコマンドを打つのが面倒だったので、Windows/Macそれぞれでスクリプトを作ってみました。

Windows

バッチファイルを作ります。
たった2行。(1行でも出来ます)

adb_install.bat
adb install -r %1
timeout 60

引数にもらったapkをインストールします。
このバッチファイルにapkをドラッグドロップすれば、adbインストールが走ります。
Screenshot_227.png
timeoutは、インストールした結果を見たいけど、結果が見られればウィンドウは必要ないので自動的に消えるようにしているだけです。
ステータスバーのクイック起動にバッチファイルを入れておけば、どこでもapkをドラッグドロップすればインストールが出来て便利です。
Screenshot_226.png

Mac

最近Macを使うようになったので、Mac用にAppleScriptを書いてみました。
メッセージは仮で入れています。

adb_install.app

set result to display dialog "ファイルをドラッグドロップしてください" default answer ""
set apk_path to text returned of result
display notification apk_path
do shell script "source ~/.bash_profile
path=\"" & apk_path & "\"
echo $path
adb install -r $path
"
display notification "インストール完了"

image.png
スクリプト起動後、テキストボックスにapkファイルをドラッグドロップすればOK。
出力結果を流したりはまだ出来ていないので、成功しているか失敗しているかわからないのが玉に瑕。
shellのコンソール出力を変数に入れられれば良いのだけれど・・・。

do shell scriptをすると、adbのパスが通っていないので、ここではbash_profileを読み込んでいます。
直接adbのパスをexportしても問題ないと思います。

alfredで呼び出せるので、どこでもダイアログを呼び出せて便利です。
image.png

Macに関しては恐らく知識がないだけで、windowsの様に簡単にできるもっといい方法がある気がしています。
「こんな感じでできるよ」という方法をご存知の方がいらっしゃれば、是非アドバイスいただきたいです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away