Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows IoT Core 事始め

More than 3 years have passed since last update.

流行のキュレーションメディアっぽく、記事を埋めておきましょう。

Windows IoT Core とは何か?

初日の記事になるので、ざっと Windows IoT Core とは何かをお話しておきましょう。
ポイントはいくつかありますが、通常の Windows 10 とは異なるもので、スマートフォンの Windows Mobile とも異なるものです。
主に組み込み系の評価ボード(Raspberry Piなど)で動作しますが、将来的には mini PC のようなボードにも乗るかもしれません、というところです。

具体的な用途についは、

Raspberry Pi 3 と Arduino での Windows 10 IoT アプリの開発 | Windows IoT

Windows IoT

を眺めていくとよいでしょう。定番の Lチカ(LEDをチカチカさせるだけ)のものから、
サーボモーターを動作させたり、温度センサーの読み取りをしたりするものがあります。

Microsoft 社的には各種センサーと Azure の組み合わせを奨めていますが、別にクラウド環境を使う必要はありません。
Azure を使ったほうがデータの取得等がやりやすいということです。このあたりは、

Azure IoT Hub | Microsoft Azure

を参考にしてみてください。

どのようなものができるのか?

当初、Windows IoT Core を使うと、Raspberry Pi で Windows が動いてプログラミングが C# で書けて...
ということになりますが、IoT というか、GPIO を使ってあれこれやる場合には、諸先輩方(Arduino とか Raspberry Pi とか)の作品を参考にするとよいのです。

Hackster.io - The community dedicated to learning hardware.

というサイトがあります。

Windows 10 IoT Core Speech Recognition

組み込み系の投稿サイトなのですが、去年だったか宣伝も兼ねて Windows IoT Core のコンテストをやりました。
このため、カテゴリを「Windows IoT Core」で検索すると、あれこれと 400 ぐらい出てきます

Windows 10 IoT Core's community hub - Hackster.io

...というハズだったのですが、あれ?移動されてますね。

Projects で「Microsft」を選ぶと 500 ぐらい出てきます。

Microsoft projects - Hackster.io

これ、Windows IoT Core に限らず、Arduino/Raspberry Pi 単体も混ざっていますが、まあ、これぐらいのものが作れるというところです。

自作するということ

hackster.io のサイトを眺めるとわかりますが、「何かを自分で創ること」の要素が入っています。
昔と違って、電子回路をちまちまと半田付けしなくても、ブレッドボードを使えば、なんとなく「自作なもの」できるようになってきています。

一時期、GROVE のように完成されたセンサー(コネクタが取り付けられている意味で)が流行りましたが、ちょっと高めでした(今でも十分高いけど)。
最近だと、少し工夫すれば比較的安く手に入るようになったので、手を出しやすい価格帯になったのかなと思っています。ああ、電子おもちゃの場合は別なんですけどね。

それはさておき、自分で持っているスマートフォンの組み合わせとか、PC との組み合わせとか、
自前の LAMP が動いている安いホスティングサーバーと繋げるというのも、この手の自作組み込み系の醍醐味/楽しみです。

次回は、ちょっとそのあたりをお話ししましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした