Android
iOS
DJI
mobileSDK
MavicPro

DJIドローンを自作アプリで制御 〜 0.開発の準備

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

DJIドローンを自作アプリで制御するために、アプリ開発の準備についてまとめてみました。

DJIドローン向けに開発できるアプリの種類

DJI社から提供されている開発ツール(SDK)には以下の3種類があります。

Mobile SDK OnBoard SDK Guidance SDK
開発できるもの iOS,Androidアプリ ドローン組込みソフトウェア 自動操縦、データ収集ソフトウェア
SDKの目的 機体、撮影の制御 ドローン内のハードウェア制御 センサー制御
開発言語 Swift,Kotlinなど C,C++など C,C++など

※この記事では、「Mobile SDK」を対象としています。

DJIドローンの種類

2017年10月時点でリリースされている一般向けのDJIドローンには、大きく以下の4種類があります。機種ごとのスペックに差があるため、当然自作アプリからはドローン本体が持っている機能しか利用できません。

SPARK Mavic シリーズ Phantom シリーズ INSPIRE シリーズ
"SPARK" image.png

それぞれの機種にも機能別にいくつかのモデルがありますが、基本的に開発用ライブラリはすべて対応させる方針のようです。

【公式:mobile SDKに対応している機種】
https://developer.dji.com/products/#!/mobile

DJIドローンアプリ開発に必要なもの

DJIドローンを制御するための MobileSDKを利用するアプリは、基本的にiOS,Androidいずれかのスマートフォンアプリとして開発する必要があります。
そのため、作りたいアプリのOSに合わせて必要となる環境が異なります。

iOS Android
開発ツール Xcode Android Studio
開発言語 Swift,Objective-C Kotlin,Java
配布サイト Apple Store Google Play
申請費用(個人) $99(1年毎) $25(初回のみ)

どちらのOS用のSDKもほぼ同じペースで更新されているようですが、若干Android用のSDKの方がリリースが早いように感じられます。

DJI Developer登録

DJIドローン向けのアプリを開発するには、DJI社のアプリ開発者としてDeveloper登録をする必要があります。

【公式:DJI Developer】
https://developer.dji.com/

公式サイト 登録ページ
Kobito.qZGCKb.png

ユーザ登録したメールアドレスに届いた認証メールから、登録を完了させます。

自作アプリの登録

DJI Developer登録を終え、新しくアプリを開発するためには、DJI DeveloperのUser CenterにAppsを登録する必要があります。

Appsの登録

1.UserCenterにログイン https://developer.dji.com/login/
2.createAppをクリック Kobito.rj0oCz.png
2.アプリの情報を登録 ここで登録したアプリの識別子を、開発時にアプリ内に設定する必要があります。
3.メールの認証 CREATEをクリックしても、即座にアプリが登録されるわけではなく、ユーザ登録したメールアドレス宛に認証メールが届きます。認証を完了させることで、UserCenter内にアプリが表示されます。
4.アプリ登録を確認
5.登録情報の確認 「アプリ識別子」「App Key」をアプリ開発時に使用します。

※以降更新予定

iOSサンプルコードの実行

サンプルコードと実行

Androidサンプルコードの実行

サンプルコードと実行