Help us understand the problem. What is going on with this article?

AmazonLinuxへのシステムワイドなNode.jsインストール方法(yum編)

More than 3 years have passed since last update.

AWS/EC2慣れしていない私がEC2インスタンスにNode.jsを システムワイドにインストール しようとして悲しい思いをしたのでメモ。

Node.jsのインストール

最近はnodebrewとかnvm使って、ユーザごとに好きなバージョンいれちゃいなYO!っていうのが当たり前だとは思いますが、ちょっとしたワークショップで全ユーザ共通で使えるようにセットアップしたいという要件があったので調べていました。
実際にはAnsible経由でセットアップしていたので出来ればyum使いたいなぁ、という前提条件です。

ネットにあるyumを使ったインストール方法

# yum install -y epel-release
# yum install -y nodejs

CentOSならちょっと古いもののv6.10.0がLTS最新の現在で、v6.9.4がインストールできます。

ただし、AmazonLinuxだとv0.10.48になります。AmazonLinuxだとv0.10.48になります。

正しい方法

公式サイトのダウンロードページの下の方にリンク"Installing Node.js via package manager"がありました。

https://nodejs.org/en/download/package-manager/#enterprise-linux-and-fedora

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -

でnodesourceのyumリポジトリが追加され、v6系最新のv6.10.0がインストールできるようになります。

v7系なら

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_7.x | bash -

まとめ

公式サイトをちゃんと読もう

moomooya
React+Flaskでなにか考えてたけど、FirebaseならTypeScriptだけでいいや。 パブリックなアウトプットを減らしてコード書く年にする。
http://www.slideshare.net/isamusuzuki54
rakus
「IT技術で中小企業を強くします!」というミッションを掲げ、中小企業の業務効率化に貢献する複数のクラウドサービスを提供しているIT企業です。「楽楽精算」「メールディーラー」など、国内トップシェアを誇る複数のサービスを開発し、累計導入社数は5万社を超えています。次の時代の"楽"を創るための、まだ見ぬサービスや機能を生み出す取り組みは、今日も続いています。
https://www.rakus.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした