Edited at

ローカルの git リポジトリを Bitbucket に追加する手順

More than 3 years have passed since last update.


ローカルの git リポジトリを Bitbucket に追加する手順

半年くらい明けるときれいに忘れてしまっている私向けの備忘録として残す。

2016-07-30 に Windows 環境で実施した手順です。

本トピックの情報は、検証なく公開しています、利用者の責任において使用ください。


前提


  • ローカル Windows に SourceTree + git 管理のリポジトリがあり、それを SSH 経由で接続する。

  • SourceTree がインストール済み

  • 少し前に作った Bitbucket アカウントは Attrasian アカウントに移行されるので、本手順の実行前に指示にしたがって移行しておく必要がある。

  • Bitbucket に作成したリポジトリには SSH 公開鍵を登録しておく。 SSH 登録は、おまけを参照。


手順


  1. Bitbucket にログインして、リポジトリを作成する。

  2. 上部メニュー [リポジトリ] > [リポジトリの作成] をクリックして、Bitbucket リポジトリを作成する。

  3. SourceTree のリポジトリを表示して、ツールバーの [設定] ボタンをクリックする。

  4. リポジトリ設定ダイアログの [リモートリポジトリのパス] の [追加] ボタンをクリックする。

  5. [リモート名] に origin もしくは [デフォルトリモート] をチェック状態にする。

  6. リモートの詳細設定ダイアログでの [URL/パス] に、次の URL を指定する。


    ssh://git@bitbucket.org/bitbucketに登録したユーザ名/作成したリポジトリ名.git


  7. [ユーザ名] は、、Bitbucket に登録したユーザ名を指定して、[OK] ボタンを クリックする。

  8. SourceTree ツールバーの [プッシュ] ボタンをクリックする。


おまけ: SSH 登録の方法も忘れてた。


  • ゴールは、「私用の公開鍵、秘密鍵を作成して、公開鍵を Bitbucket、秘密鍵を Pageent に登録する」こと。


  • PuTTY がインストール済みの前提。



Bitbucket サイト


  1. Bitbucket にログインし、画面右上のアバター > [アカウントの管理] をクリックする。

  2. アカウント設定画面で、左メニューから [SSH キー] をクリックする。

  3. SSH キー画面で [鍵を追加] ボタンをクリックし、SSH 鍵を追加ダイアログを開いておく。


Windows - PuTTY Key Generator


  1. PuTTY Key Generator (puttygen.exe) を開く。

  2. [Parameters] > [Type of key to generate:] を SSH-2 RSA に変更、もしくは確認。

  3. [Actions] > [Generate] ボタンをクリックし、上部の [Key] フレームの中でプログレスバーが消えるまでマウスをぐるぐる。

  4. [Key] フレームの [Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:] に ssh-rsa で始まる文字列が出力される。これが公開鍵。

  5. この公開鍵文字列は、スクロールさせて最後まで コピーする。

  6. Bitbucket サイトの最後の手順で開いたダイアログの [Key] に貼りつける。 注意点 を参照のこと。

  7. [Save private key] ボタンをクリックして、秘密鍵を適当なフォルダに保存する。拡張子は、ppk にしておくと便利。

  8. Windows 通知領域の [Pageant (PuTTY Authentication Agent)] を右クリックし、[View Keys] をクリックする。

  9. Pageant Key List ダイアログの [Add Key] ボタンをクリックし、開いたダイアログで、先に保存した秘密鍵を指定する。


注意点


  • PuTTY Key Generator には [Save public key] ボタンで出力されたファイルの内容を Bitbuket サイトに貼りつけても、Bitbuket は正しいキーだと認識してくれない。