Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity から Export した iOS なアプリの Bundle Display Name を自動設定してみる

More than 3 years have passed since last update.

背景

Unity から出力した iOS プロジェクトに、ローカライズしたアプリ名 (CFBundleDisplayName) を付与するのに苦労したので、その辺のお話しを書き殴る。

まぁ、元同僚から「ぼすけて!」って言われたので書いてるのは内緒w べ、別に貴方のためなんかじゃないんだからっ!

概要

大前提として PostProcessBuild で対応する。

流れとしては以下のような感じ。

  1. InfoPlist.strings に各言語でのアプリ名を書き込む
  2. <language>.lproj/ ディレクトリに格納
  3. Unity-iPhone.xcodeproj/project.pbxproj を弄る
    1. KnownRegion に言語を追加
    2. 生成した InfoPlist.strings を VariantGroup として束ねる

詳細

先ず、事前準備として、 XCodeEditor for Unity という .pbxproj ファイルを弄れるアセットを入れておく。

ただし、上記のリポジトリは最近メンテされてないっぽくて、素のままだと今回やりたい処理ができないので、ちょっと手を入れたモノを XCodeEditor for Unity (forked by monry) に置いておいたので、今回はコッチを使う。

InfoPlist.strings に書き込む

内容は

InfoPlist.strings
CFBundleDisplayName = "アプリ名";

ってな感じ。

この辺は頑張って C# ガリガリ書いてください。

<language>.lproj/ ディレクトリに格納

まぁ、この辺も普通に C# で書けば良いんじゃないかな。

出力先としては PostProcessBuild に渡される path + "<language>.lproj/InfoPlist.strings" とかで良いかと。

言語追加しつつ、VariantGroup として束ねる

この投稿のメインテーマ。

基本的には、PBXVariantGroup 型の変数にファイルの参照を突っ込んで、.pbxproj に書き込むってな流れ。

XCodeEditor for Unity の改修点としては以下の通り。

  • 言語の追加を行うヘルパメソッドを PBXProject クラスに追加した
  • PBXVariantGroup を PBXGroup のサブクラスとして定義し直した
    • XCodeEditor.XCProject.AddFile() の第2引数に PBXGroup のインスタンスを渡せば、その下に追加してくれるような実装になっているので、その処理をそのまま利用するため。

なので、その辺を利用して言語追加しつつ、生成した .strings ファイルをプロジェクトに食わせつつ VariantGroup の子要素として紐付ける感じ。

コード

色々端折ってるけど、上記を纏めると以下のようなコードになる。はず。

PostProcessBuild.cs
using UnityEngine;
using UnityEditor;
using UnityEditor.Callbacks;
using UnityEditor.XCodeEditor;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;

public static class PostProcessBuild {

    private static Dictionary<string, string> appNameMap = new Dictionary<string, string>() {
        { "en", "HogeHoge" },
        { "ja", "ほげほげ" },
    };

    [PostProcessBuild(100)]
    public static void OnPostProcessBuild(BuildTarget target, string path) {
        // 出力済のディレクトリを XCodeEditor に食わせる
        XCProject project = new XCProject(path);

        // VariantGroup 作成
        PBXVariantGroup infoPlist = project.GetVariantGroup("InfoPlist.strings");
        foreach (KeyValuePair<string, string> entry in appNameMap) {
            // 文字コードを変換しておく
            string appNameConverted = System.Text.Encoding.UTF8.GetString(
                System.Text.Encoding.Convert(
                    System.Text.Encoding.Unicode,
                    System.Text.Encoding.UTF8,
                    System.Text.Encoding.Unicode.GetBytes(entry.Value)
                )
            );

            // 格納用ディレクトリ作成
            if (!Directory.Exists(Path.Combine(path, string.Format("{0}.lproj", entry.Key)))) {
                Directory.CreateDirectory(Path.Combine(path, string.Format("{0}.lproj", entry.Key)));
            }

            // InfoPlist.strings 作成
            StreamWriter w = new StreamWriter(Path.Combine(path, string.Format("{0}.lproj/InfoPlist.strings", entry.Key)), false);
            w.WriteLine(string.Format("CFBundleDisplayName = \"{0}\";", appNameConverted));
            w.Close();

            // KnownRegion に言語を追加
            project.project.AddKnownRegion(entry.Key);

            // ファイルの参照を追加
            project.AddFile(Path.Combine(path, string.Format("{0}.lproj/InfoPlist.strings", entry.Key)), infoPlist, "SOURCE_ROOT", true, false, string.Format("{0}.lproj/InfoPlist.strings", entry.Key));
        }

        // 上書き保存
        project.Save();
    }

}

なお、BuildTarget による処理の振り分けとか一切やってないので悪しからずw

あと、これの処理を連続でキックすると、重複してファイルが追加されてしまうので、その辺は巧いコト回避してくださいな。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした