Help us understand the problem. What is going on with this article?

HoloLens開発始めてみた

More than 1 year has passed since last update.

最初に

インターン先でHololens開発についてまとめる機会があったので自分へのメモも兼ねて投稿します。

基本的にWindows10での開発となります。
Macを使う場合はWindowsをbootするなどの必要があります。
HoloLens Emulatorを使った開発がしたいなら Windows 10 Proが必要。

各種ソフトウェアインストール

VisualStudio2017

CommunityでOK
VisualC#にユニバーサルWindowsがあることを確認しておきます。

無かったら「ユニバーサルWindowsツールのインストール」と表示されるのでインストールします。

Unity

お好みのバージョンで構いません。ただし、MRTK(後述)のバージョンと同じものが良いです。
BuildSupportでUWPをONにしておいてください。
今回は2017.2を使用しました。

MRTK(Mixed Reality Tool Kit)

Unityのバージョンに対応するものを使用。
各バージョンはGitHubのreleaseにまとめられています。

UnityPackage名は HoloToolKitとなっています。

サンプル作成

ProjectとSceneの設定

まず、メニュー>Mixed Reality Tool Kit>Configure>Apply Mixed Reality Project Settingsを選択し、HoloLens用のプロジェクト設定を行います。チェックはデフォルトのままでOKです。
Sceneについても同様にApply Mixed Reality Scene Settingsから行います。
UnityHolo_ProjectSetting(MRTK).jpg

カメラの設置

もともとあるカメラを削除し、Input>Prefabsの中にあるHoloLensCameraをPosition(x:0 y:0 z:0)に設置します。

その他に何かオブジェクトを配置

今回はGameObject>3D Object>CubeをPosition(x:0 y:0 z:2)に配置しました。

ビルド&実機に転送

Unity上での Build設定

Mixed Reality Tool KitからBuild Windowを開いて、Unity C# Projectsにチェック。
UnityHolo_BuildSetting(MRTK)1.jpg

Deploy Optionsからデプロイ先を設定する。
HoloLensをUSB接続する場合はLocalMachineのまま、UsernamePasswordにそれぞれHoloLensのUsernameとPasswordを入力する。

Wi-Fiでの接続の場合、UsernameとPasswordを入力してから左上のPair HoloLensを選択すると自動で接続されます。

UnityHolo_BuildSetting(MRTK)2.jpg

実行結果

無事動きました!(Cubeの位置と向きは少し編集してます)
UnityHolo_DeployResult.jpg

monchi
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした