Edited at

Automation Anywhere★基本入門「Excel」★

「Excel」です

Excel開きましょう!

※Loopはおまけ

前回の通りに開発画面を立ち上げ「Excel」を選択してください。

コマンドの中にある「サブコマンド」が見えているでしょうか?

サブコマンドがあるコマンドは、適当なサブコマンドをダブルクリックして、コマンドを開いておきます

※サブコマンドの変更設定は、開いた後でも可能です。

★Excelを開く「Open Spreadsheet」

設定値→該当ファイルの「フルパス」

※パスをコピーした際の""は削除して下さい、エラーでます。

今回、Qiita用にAAフォルダを作成し、その中にファイルを作っていますので、そのフルパスです。

パスを入力したら「Save」します。

もしくは下記の方法でも可能です

一旦、ここで保存します。

上部の「Save」を押し、次へ。

AAでは「Open Spreadsheet」は開くだけ。

Excelデータを取得して、何かの処理を行いたいとなると、これでは取得できません。

★Excelを開いたら、AAにExcelデータを取得させる処理が必要です。

サブコマンド「Get Cells」をダブルクリックして表示させます。

「処理を行いたいExcelデータの全てをGet(取得)させますので「Get All Cells」をチェック

「Save」します。

Excelデータを取得するには「Loop」コマンドを追加します。

※Cell一つだけや、範囲指定をしてもGet Cellsできますが、ほとんど「Get All Cells」です。

「Loop]コマンドを探し、サブコマンド「Each Row In A Excel Dataset」をダブルクリック。

これは、サブコマンド「Get Cells」の直下に配置されます。

表示されたコマンド内のサブコマンドが「Each Row In A Excel Dataset」である事を確認して「Save」

これで「Loop」コマンドが追加されました。

画面を見ていて、色分けされているのにお気づきでしょうか?

簡単に書いておきます

黒→実行される

青→実行される(If/Loop)

緑→実行されない(comment・Diseble)

この状態でRunしても、Excelデータの取得はされますが、実行結果を確認したいですよね?

前回の「Message Box」の出番です。

挿入する場所はLoopの中です。

Loopで取得したデータはLoopの中でのみ保持されますので、その中の取得値が表示されます。

Excelデータを表示する「システム変数」があります。

基本的にAAは「Column」でデータを取得していると考えています。

選択するシステム変数「Excel Column」をinsert

次の出てくるのは「Column選択」です

Excel「A」列を「1」として扱います。

ここには「Column→1」を設定しOK、そのまま「Save」します。

AA自体の「Save」を行い、Runしてみてください。

ちなみに、ExcelファイルA列に好きな言葉を入力して作ってくださいね:bow_tone2:

Messageに作成した取得値が表示されれば成功です!

Automation Anywhere ★基本入門★

「Excel」これにて終了!

お読みいただき、ありがとうございました:relaxed:

次回は「File/Folders]でファイルとフォルダを探ります。