Help us understand the problem. What is going on with this article?

RedmineでチケットのCSVインポート

の手順です
動作環境:redmine-3.3.3-1

CSV作成

チケットの項目名と同じCSV項目名のCSVを作成する
※違う項目名にもできるが面倒なので一緒にしましょう

子チケットを作る場合

親チケット列を記入します。
※CSVの中にある行数を指定します(ヘッダーはカウントしない)。
つまり、既にRedmineへ起票されているチケットに対する子チケットをCSVインポートはできません。
追記: 既存のチケットを親チケットとして指定するには、番号の前に#をつける

CSV作成例

プロジェクト トラッカー ステータス 題名 説明 優先度 カテゴリ 担当者 対象バージョン 親チケット 開始日 期日 予定工数 進捗率
プロジェクトX 機能 新規 検索機能 ごにょごにょ 通常 version/11.0
プロジェクトX 機能 新規 検索機能のコーディング 子チケットです 通常 version/11.0 1 8
プロジェクトX 機能 新規 検索機能テスト 子チケットです 通常 version/11.0 1 6

CSV取込

以下の順で操作していけばCSVを取り込めます。

  1. チケットタブクリック
  2. 右側のインポートリンク え?そんなの無い?Redmineの管理者アカウントでログインして管理⇒ロールと権限⇒チケットのインポートにチェックON⇒保存で出てきます。
  3. ファイル選択して次へ
  4. チケットのインポートのオプション選択して次へ
  5. チケットのインポートのフィールドの対応関係を選択してインポートボタン。 プルダウン選択が面倒くさいですね。 ↓のブックマークレットで全部のプルダウンを自動的に選択してくれます。
javascript:(function(){ var fieldMapping = document.getElementById("fields-mapping"); var PTags = fieldMapping.getElementsByTagName("p"); for(a=0; a<PTags.length;a++){ var label = PTags[a].getElementsByTagName("label")[0].textContent; var pulldown_option = PTags[a].getElementsByTagName("option"); for(i=0; i<pulldown_option.length;i++){ console.log(pulldown_option[i].value); if(pulldown_option[i].textContent == label){ pulldown_option[i].selected = true; break; } } } })();
momosetkn
JVM系言語など、静的型付け言語が好き。低レイヤーのパフォーマンスについて興味があります。 Java/Scala/Python/TypeScript
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした