Laravel5.6 MysqlのデータとしてNullで管理するメリット・デメリット

現在、Laravel5.1から5.6にバージョンアップをしています。
Mysqlへのデータ登録時、5.1までは入力がない場合は””としてデータベースのカラムに登録されていましたが、5.6になるとNullで登録されます。
Nullに変換されるロジックは判明しましたが、そもそもデータベースのデータの在り方として、””で管理するほうがよいのか、Nullで管理するほうがよいのか迷っております。
それぞれのメリットとデメリットが分かれば判断がつくのですが、ご教授のほど宜しくお願いします。

基本的な質問でしたら申し訳ございません。
独学のため、初歩的なことがわかっていない可能性がございます。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.