Help us understand the problem. What is going on with this article?

zshの外部プラグインまとめ

More than 5 years have passed since last update.

zshは標準の機能を使うだけでも便利だけど、それでも足りないときはいろいろなプラグインを追加して拡張できる。でも、プラグイン一覧はどこかにまとまっているわけではない。特に、zsh本体に標準で含まれているプラグインはman zshcontribを見ればわかるけど、それ以外のユーザが独自に作ったプラグインはGoogle検索とかで地道に探すしかない。

そこで、zshで使用できる標準で含まれていないプラグインをまとめて紹介する。これを参考にして、zshをもっと便利にしてください!

ディレクトリ移動

名前 概要 参考記事
cd-bookmark cdするディレクトリをブックマークする 参考記事
cd-gitroot Gitリポジトリのトップレベル ディレクトリに移動する 参考記事
cdd tmuxやscreenの別ウィンドウのディレクトリに移動する 参考記事
diractions ディレクトリを便利に操作するための動作を追加する -
knu/z zのfork 参考記事
smart-change-directory ディレクトリ移動を便利にする -
z ディレクトリ移動を便利にする -
zbk ファイルやディレクトリをブックマークする -
zsh-bd 親ディレクトリへの移動を便利にする 参考記事
zsh-directory-history ディレクトリ移動の履歴を管理する -
zshmarks cdするディレクトリをブックマークする -

プロンプト表示

名前 概要 参考記事
liquidprompt プロンプトをかっこよくする -
moonline.zsh プロンプトをかっこよくする -
oh-my-zsh-virtualenv-prompt virtualenvの情報をプロンプトに表示する -
promptway プロンプトをかっこよくする -
pure プロンプトをかっこよくする -
zsh-python-prompt pyenvの情報をプロンプトに表示する 参考記事
zsh-prompt-powerline プロンプトをかっこよくする -

補完

名前 概要 参考記事
auto-fu.zsh インクリメンタルに補完する 参考記事
incr インクリメンタルに補完する 参考記事
zsh-autosuggestions インクリメンタルに補完する 参考記事
zsh-completions 標準でサポートされていないコマンド用の補完ファイル -
zsh-dwim 次に必要なコマンドを予測する 参考記事
zsh-fuzzy-match 単語をあいまい補完する -
zsh-history-substring-search コマンドライン履歴から単語を補完する 参考記事

シンタックスハイライト

名前 概要 参考記事
zsh-256color ターミナルを256色使用可能にする -
zsh-colors 任意の文字列を色付きで表示する -
zsh-syntax-highlighting コマンドラインをシンタックスハイライトする 参考記事
zsh-url-highlighter コマンドライン中のURLをリソースの状態を考慮してハイライトする -

バージョン管理システム連携

名前 概要 参考記事
browse-commit Gitのコミットをブラウザで開く -
git-aliases.zsh gitコマンドのエイリアスを追加する -
git-it-on.zsh GitHubをブラウザで開く -
gitignore.plugin.zsh .gitignoreファイルを作成する -
k lsとあわせてGitで管理しているファイルの状態を表示する -
oh-my-git Gitリポジトリの状態をプロンプトに表示する -
zsh-git-escape-magic gitコマンドの引数を自動的にエスケープする 参考記事
zsh-git Gitリポジトリの状態をプロンプトに表示する 参考記事

Anything風インターフェース

名前 概要 参考記事
anyframe pecoやpercolのラッパー 参考記事
zaw zsh用のAnything風インターフェース 参考記事

設定フレームワーク

名前 概要 参考記事
alf 設定フレームワーク -
ant-zsh 設定フレームワーク -
antigen プラグインマネージャ 参考記事
autoupdate-antigen.zshplugin Antigen本体を自動アップデートする -
dotzsh 設定フレームワーク -
oh-my-zilsh oh-my-zshラッパー -
oh-my-zsh 設定フレームワーク 参考記事
prezto 設定フレームワーク 参考記事
zgen 設定フレームワーク -
zilsh 設定フレームワーク -
zshuery 設定フレームワーク -
ztanesh 設定フレームワーク -

外部ツール連携

名前 概要 参考記事
caniuse.plugin.zsh Can I use... をコマンドラインで使えるようにする -
depot_tools Chromiumのdepot_toolsをインストールする -
hipchat.zsh コマンドラインからHipChatにメッセージを送信する -
mysql.plugin.zsh MySQL用プラグイン -
oh-my-zsh-flow3-plugin TYPO3 Flow用プラグイン -
robo-zsh-plugin Robo用プラグイン -
sf2.plugin.zsh Symfomy2用プラグイン -
yeoman-zsh-plugin Yeoman用プラグイン -
zsh-geeknote geeknote用プラグイン -
zsh-grunt-plugin Grunt用プラグイン -
zsh-gvm GVM用プラグイン -
zsh-nodejs-plugin node.js用プラグイン -
zsh-t32 Trace32 toolset用プラグイン -

その他

名前 概要 参考記事
czhttpd zshで書かれたHTTP Server -
opp.zsh Vimのテキストオブジェクトにあたるものをzshのコマンドラインで使う -
osx-dev-zsh-plugin Macで動作しているデーモンを操作する -
pretty-time-zsh 時刻を分かりやすいフォーマットで表示する -
zerve zshで書かれたシンプルなHTTP Server -
zload 補完ファイルを読み込む 参考記事
znote CLI note manager -
zrv.zsh zshコマンドラインサーバー 参考記事
zsh-autoenv ディレクトリ単位で環境変数を切り替える -
zsh-bash Bashとの互換性を高める -
zsh-bundle-exec bundle execを打たなくて良くする 参考記事
zsh-notify Macでメッセージをデスクトップに通知する -
zsh-plugin-ibtool ローカライズしたXIBファイルを作成する -

注意

もう長いことメンテナンスされていないプラグインも含んでる。ちゃんと使用できるかどうかは個別のプラグインごとに確認してください。

参考

mollifier
zsh, vim, vimperator, JavaScript, iOS, .NET に興味があるプログラマ
http://mollifier.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした