Help us understand the problem. What is going on with this article?

DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料

昨日、2019年9月5日に 「DDD Talk MeetUp #2」というイベントを開催しました。
その名の通り、DDDに関してトークしようぜ? というイベントで、当日は大盛況でした!

DDDトークもさることながら、イベント内の8本のLTがとても有益だったので資料をここにまとめておきます。

ところで、参加された方はぜひともアンケートの回答をよろしくおねがいしますね。
2019.9.5 DDD Talk Meetup #2アンケート

この記事に書いてある3つのこと

  1. イベントに関する簡単な統計
  2. DDDコミュニティの関連リンク集
  3. LTのタイトルと資料リンク(WIP)

1. 簡単な統計

応募人数と参加人数

  • 応募総数は 140名
  • 募集枠: 72名
    • LT枠: 7名
    • 一般参加枠: 65名
  • 最終的な参加数: 68名(運営メンバー3名も含)

DDDに興味がある人や経験者がこの1年で増えたのでは?

  • 厳密な比較はできませんが、この1年で裾野が広がったのではないかと思います!

image.png (21.5 kB)

2. コミュニティの関連リンク集

3. LTタイトルと資料リンク

  • 以下、資料です
  • 発表順で記載しています
  • アカウント名はTwitterアカウントで統一しています

@carotene4035 DDD以前とDDD以降、そしてRDRAへ

@hirodragon112 DDD導入に踏み切れない方へ贈る 2層 + CQSアーキテクチャ 〜 軽量DDDにならないための軽量なDDDのすゝめ 〜

@hori_ryota DDDなら概念層だけ触っていたい! with Code Generator

@j5ik2o DDDお悩み相談事例 シーズン1

@suke_masa 「なんか違う」ジャーニー

  • 資料リンク: 求む
  • 勝手なひとくちメモ: 違和感を頼りにブラックジャックを改善していくストーリー。手を動かしたくなってくる。

@Tanaka9230 DDD学習指導要項

@nrslib DDD Propaganda

編集リクエストのお願い ∠( ゚д゚)/

発表資料の正確なタイトルが怪しいです(ちゃんとメモってなかった...!)。
もし間違っていたら、これはもう大変なことです。

というわけで、こういうときは編集リクエスト機能ですよね! どうぞよろしくお願いします。

おわり

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away