PHP
WordPress
PhpStorm
IntelliJ

PhpStormにWordPress-Coding-StandardsのCode Snifferを設定する。Mac編

More than 3 years have passed since last update.

WordPressのコーディングルールに準拠しているか、

Code SnifferをPhoStormに設定していると即座に確認できて便利です。

WordPress-Coding-Standards


環境


  • Mac OS X 10.10.5

  • IntelliJ IDEA 14.1.5 (PhpStormでも同様に設定できるはずです)


インストール


事前にPHP_CodeSnifferをインストール

今回はpearで入れてみました。pearのインストールは割愛

sudo pear install PHP_CodeSniffer


WordPress-Coding-Standardsをインストール

cd /usr/local/lib

git clone -b master https://github.com/WordPress-Coding-Standards/WordPress-Coding-Standards.git wpcs
cd wpcs
sudo phpcs --config-set installed_paths /usr/local/lib/wpcs
phpcs -i // WordPress-Core等が入ったことを確認。
which phpcs // pathを確認 後で使います


PhpStormでの設定


  • PhpStormのLanguages & Frameworks→php→Code Snifferパネルを開く。


  • Configration:Local右の…ボタンをクリック。


  • PHP Code Sniffer(phpcs)path:の枠に先ほどwhich phpcsと打って出てきたpathを入力してValidateボタンを押す。

  • Editor→InspectionsでPHP Code Sniffer validationにチェックを入れて有効化。

  • 右のパネル下にあるCoding Standard横の更新アイコンを押してみるとWordPressなどが選べるようになります。

WordPress-Coding-Standards.png


次回以降の新規プロジェクトでの設定


  • Editor→InspectionsでPHP Code Sniffer validationにチェックを入れて有効化。