Googleにスマートフォンサイトを正しく認識してもらう方法

  • 10
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Googleは、2015/04/21から、"ページがモバイルフレンドリーかどうか"を、検索順位の決定の要素として利用することを発表しました。

Finding more mobile-friendly search results

今後、スマートフォンユーザが重要なサイトは、スマートフォンに最適化されたページを用意することはもちろんのこと、Googleに存在を正しく認識させることがより重要となります。

正しく認識されているかのチェック方法

ページがモバイルフレンドリーかどうかの判定

まず、ページがスマートフォンに対応できているかをチェックします。
Googleが用意してくれている以下ツールで、該当ページのURLを入れれば判定できます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

まずは、これに合格することが重要で、NGであればGoogleに正しく認識させる以前の問題です。

※ サイト単位での判定ではなく、ページ単位で判定が行われます。

正しく認識しているかどうかの識別方法

スマートフォンでGoogleを検索した場合に、「スマホ対応」と表示されれば正しく認識されています。
もし、該当ページがモバイルフレンドリーに合格しているにもかかわらず、「スマホ対応」と表示されない場合は、なんらかの設定が間違っている可能性がありますので、後述の対策が必要です。

image

正しく認識してもらう方法

スマートフォン向けサイトの構築のパターン

スマートフォン向けサイトを作成している場合は、以下のいずれかのパターンで構築されているケースがほとんどかと思います。これらのパターンに応じて、異なる対策が必要となります。

  • レスポンシブウェブデザインで作成している。
  • PCサイトとスマートフォンサイトのURLが同じで、UAでHTMLを出し分けしている。
  • PCサイトとスマートフォンサイトのURLが異なる。

レスポンシブウェブデザインで作成している場合

Googleが一番推奨している方法であり、特別な対策は不要です。
Googlebotをブロックするなど、よほどおかしなことをしてない限り、正しくGoogleは認識してくれます。

PCサイトとスマートフォンサイトのURLが同じで、UAでHTMLを出し分けしている場合

User-AgentによってHTMLを出し分けしていることを、Googleに教える必要がありますが、
対象の全てのページのレスポンスで、「Vary HTTP ヘッダ」にUser-Agentを設定することで対応可能です。

対応としてはこれだけですが、User-AgentによるPCページ・スマートフォンページの振り分けを正確に行う必要があります。
振り分けのミスにより、スマートフォン端末でPC用のHTMLを返してしまうと、Googleが正しく認識されなくなりますので、
リスクを減らすために、User-Agent振り分け処理は独自実装せずに、ライブラリの利用をおすすめします。

PCサイトとスマートフォンサイトのURLが異なる場合

この方法は、おすすめしません。
対応が最も複雑でミスが発生しやすく、PCとスマートフォン間でのURLのシェアがしづらいなど、ユーザにとっても使いづらいです。

対応方法をここで書くと少し長くなるので、Googleの公式サイトを参照ください。

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/mobile-seo/configurations/separate-urls?hl=ja

まとめ

  • スマートフォンユーザが重要な場合は、まずスマートフォンに最適化されたサイトの作成が必要。
  • その上で、Googleからの検索流入が重要な場合は、適切にGoogleにスマートフォンサイトの存在を認識させる。
  • 新たにスマートフォンサイトを作る場合は、PCとURLを同じにすることがお勧め。(レスポンシブがよいか、UAによる出し分けがよいかは、サイトに構成などで異なります。)