2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

ParaViewのPythonスクリプトでカメラの回転

この記事はオープンCAE Advent Calendar 2018の1日目の記事です。

はじめに

ParaViewのPythonスクリプトでモデルを回転させるときのメモ。

ParaViewのモデル回転

ParaViewのPythonでモデルを回転させるときのコードは次のように書ける。

camera = GetActiveCamera() #今選択しているビューのカメラを取得
camera.Azimuth(90) # スクリーン座標系のY軸周り![Azimuth.png]
Render() # 再描画

Azimuthでの回転のイメージは次のようになる。

Azimuthのイメージ

注意点としては、画面に表示されているモデル座標系ではないことである。

Azimuth以外にも以下のカメラ操作がある。これらの操作はvtkRenderingCorePython.vtkCameraのメソッドになる。

  • Zoom
  • Roll
  • Elevation
  • Azimuth
  • Pitch
  • Yaw

Zoomは拡大縮小の比率を引数に与え、その他は角度(°)を与える。

各回転に関するイメージ図を次に示す。

カメラ回転のイメージ

まとめ

ParaViewではカメラの座標値などを直接指定することもできるが、回転させて画像を自動出力させるのであれば、これらのメソッドを使った方が簡単に書ける。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?